スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンに勝利♪

さっきやっとシロナに勝ちました。
ミロカロス、半端ないって!

私はシンオウ図鑑を完成させるべく、湖で捕獲大作戦を敢行します。


の前に、我らがチーム嵐のバトルビデオがまだネットに残ってたのでここで紹介しちゃいます。
バトルキャッスルでコクランとの21戦目やったときのものです。
エルレイドとヌオーとカイリュー使ってる戦いです。
94-17639-37923がビデオナンバーとなっておりますので、ポケモンとネット環境がある方はご覧くださいませ!
おおのクンがかなりの大活躍をしております。
スポンサーサイト

松潤の悲劇

ひどいです。
あまりにもひどすぎます!

今日のマネキンちゃん、前回と順位ほとんどいっしょじゃん!!

櫻井クンも大野クンも汚いです。
次回から縛り入れたほうがいいって。

今回の松潤の服は私個人の意見ですが、ひいき目なしでいいと思いました。
あ! 松潤、自分に似合う洋服わかったかなって。
デートにバカみたいにめかしこむアホ男はいないでしょう。
私はあれぐらいがいいです。
松潤はある意味櫻井クンよりもダサ男決定になったのが大変残念です。

来年も投票やるなら行って松潤に投票したいくらいだわ。

サトシ&ピカチュウ、渡米決定!!

サトシ少年とピカチュウ氏は今秋以降も旅を続けられるようで。

おめでとうございます!

ちょっと作画変わっててサトシ少年の瞳が赤っぽいですが、気にしない気にしない(笑)
もしかしたら、英語に翻訳できるカラコンって設定かも。
でも予告画像はこれまでとは明らか違う作風だったり。

お洋服は新作のクールな男の子主人公のものと同一のようです。
ま、構わないんじゃないかな?

もぉ、本当に嬉しいです。
嬉しすぎるから今からポケモンやっちゃいます♪

お~白黒の発売も楽しみだ!
来月の初任給は美容院代と交通費に消えるから、その次のお給料で白黒かってビクティ二ゲットだぜ!

お洋服、作らなければ!

キャッスルさんにあたギャラの資料請求をしたものの、モデルのマリーンちゃんに着せるのにいいお洋服が見当たりません(泣)
仮で送る写真の衣装は本番で使うものとの同一にしてくれとの指示があるので、なんかいい服あるかな~って物色してるのですが……。
椎名林檎みたいにゴスにギターみたいな感じがいいんです。
ギターは近日中に購入予定なのですが。

今日は型紙探しに図書館にでも行こうかなと思います。
なるべくシンプルでカワイイ型紙を使ってゴスロリっ子みたいな雰囲気醸し出したいです。
本当はモモリータさんみたいなのがいいのですが、モモリータさんの型紙はなぜか難解でパーツが多いです。
全国に大公開する写真だから、何気に気合入ってたり♪

ミロカロス作り

今、ミロカロス作りに凝っています。
史上最強のブスポケモンヒンバスにシブい味のお菓子をたらふく食べさせ、美しさをマックスにしてからレベルアップするとあら不思議☆ 美しいミロカロスに進化するのです。
2010_08240004.jpg

2010_08240005.jpg

ミロカロスはなかなか強く、持久戦にいいためしばしば対人戦で使われることもあったり。
私がこれまで行ってきた対人戦の中でも、ミロカロス使う人は何人もいました。

ただ、ミロカロス生産のために必要なヒンバスの出現率とスポットがやたら低く、手に入れにくいので友人にミロカロスをいただいて、それを使ってヒンバスの繁殖に励んでいます(笑)

で、ポケプラでヒンバスのためにやたらお菓子作ってノリノリで食べさせていたら、とある事に気付きました。
お菓子食べさせるのにも回数制限があるのか~?!
昨日からお菓子食べてくれません。
まぁ、糖尿病になるほど食べさせてたので無理ないですが……。
それにしてもうちのヒンバスちゃんはもう麗しのミロカロスに進化してくれないようです。
友人からのいただきものを使えばいいのですが、自分でも一度ミロカロスを作ってみたくて。

また、一から作り直そ!

バイト行ってきま~す

昨夜、緊急でバイト入れないかとメール来たので夕方バイトに行こうと思います。
ケーキをお釈迦にしたり、お客さんの質問に答えられなくてテンパッたりいろいろですが、新しい仕事を覚えることができて嬉しいです。

明日は家族全員でドライブに行く予定です。
妹は両親の仕事が忙しくてどこにも行けなかったので、いい息抜きになるでしょう。

さて、私はバイトに行くまでポケモン交換の儀とかニットで新作ファッション作ったりしましょう。

リアルクローズ

2010_08210003.jpg
ジーパンの完成です!!

一番薄い生地を買って縫いました。
あと、デニムはほつれやすいので母に頼んで周りにロックミシンかけてもらいました。
型紙はモモコちゃんのもの。
モモコちゃんよりジェニーちゃんのほうが腰回り太いので、大き目に裁断して縫ったのですが、ちょっと大き過ぎたようです。
何度も調整しました。

2010_08210002.jpg
うん、普段着だ。
まんま普段着って感じ。
でも、ロックな感じは出てないですね~。
正統派のロックバンドはみんなTシャツにジーパンですが、マリーンちゃんは絶対着なさそう……。
やっぱナナみたいなのとか着るイメージです。特にこの髪型の場合。

この画像みたマリーンファンは「マリーンちゃんにもジーパン似合うのね!!」ってびっくりでしょうね♪
だってこんなにもカワイイんだもん。
マリーンちゃんは何着ても絶対似合うって!
でも、髪型がシンプルなせいで母の試作ロングドレスはあまり似合ってなかったり。
豪華のドレスの似合うマリーンちゃんは、皆さんのようなやっぱり金髪縦ロールとかだったりするのでしょうね。

少女七竈と七人の可愛そうな大人

桜庭一樹は紙とペンで『世界』を作ることが得意な作家です。
ファンタジーというわけではなく、文体や登場人物によって作風ががらりと変わるという意味での『世界』です。
彼女の作品がライトノベル界で優遇されなかったのはそのせいだと思います。

七竈のワールドは『赤』と『黒』を基調とした美しい箱庭です。
各話によって語り手が変わるのですが、主人公の美少女・七竈とその親友・雪風が語り手のときの文体が特徴的です。
嶽本野ばらのようだと言うべきでしょうか。
ジャンルは全く違いますが、中野淳一のイラストのような雰囲気です。

淫乱な母のせいで大変美しい容貌を持つ七竈と彼女に直接・間接問わずに関わる七人の大人の物語です。
七竈は淫乱な母のせいで親友の雪風とは結果的には逢えなくなり、一見すると七竈のほうが『可愛そう』なのですが、タイトルにあるとおり本当に可愛そうなのは七人の大人たちです。
以下はネタバレ含みますので、追記とさせていただきます。

続きを読む

人生初の労働

さきほど、人生初「労働」という国民の義務を果たして参りました。
初めてのことだったので疲れましたが、働くって面白いことだなと感じました。

はじめにケーキの持ち方と箱の組み立て方習ったら、即実践でした。
お客さんにケーキ渡すのがとても楽しいです♪

ビックリなことは、廃棄の量。
お誕生日とかしか食べられない大きなデコレーションケーキから、和菓子までかなり廃棄かけられてました!
もったいないって!!
といってもお菓子=ナマモノだから廃棄せざるを得ないのが現状で。
しかもお店の商品は工場で大量生産されてるものなので、コントロールも難しくて……。

時給は大阪では不当に近い770円ですが、私には向いていると思います。
前回辞めた研修時でも850円のウェイトレスのほうがコワイです。
夏休み中はヒマ人の需要があるので、明日も働かせていただくことになりました!!
明日もガッポリ稼いじゃる~!(←なぜか土佐弁)

魔術はささやく

私が宮部みゆきの本を初めて読んだのは中3のこの時期でした。
あのときは『ブレイブストーリー』がアニメ化するとかで、ファンタジーが大好きな私は夢中で読みました。
最初の導入部がやたら長くてやきもきしましたが、ラストで導入部がつながってカタルシスを感じたことを覚えています。

2年後の夏、『ドリーム・バスター』を読み始めました。
ファンタジーにSFの要素が相まってとても面白い内容でした。
早く続編が出てほしいです!

その冬、『スナーク狩り』を読んで確信しました。
「私、宮部みゆき好きだわ」って。

それからは宮部作品のスタンダードであるサスペンス系を読みあさり始めました。
宮部作品のサスペンスって基本中心人物は大人です。
『ブレイブ』や『ドリーム・バスター』みたいに少年が主人公ってことはあまりありません。
が、今回読んだ『魔術はささやく』は例外中の例外でした。
主人公は守という高校生の少年。
親のせいで過去にトラウマがあって、ちょっと大人びた子です。
ただそれだけでは物語が動かないから、猿ロックみたいに鍵をあけることができる技術を持っているというオイシイ設定があります。
守は居候先の叔父の交通事故をきっかけに、不可解な事件にたった一人で挑むとともに父親の失踪の真相をという核心にも足を踏み込んでいきます。

この物語において重要なのは事件解決や犯人探しではなく、主人公・守の決断。
全ての事件の真相を知ったうえで、守はどのような決断を下し生きていくのか。
ココがポイントです。
読み終わったとき、笑顔になれます。いろんな意味で。

宮部作品は端から端まで全てに伏線が張られてると言っても過言ではありません。
「ココ、関係ないから読み飛ばそう」とか考えるのは、絶対後悔します!!
どうでもよさげなところに物語の重要なキーがあるんです。
さりげな~く伏線張れるのはさすが宮部みゆき、社会派推理小説の菩薩様です。
主人公が私と同年代だったので、個人的に感情移入ができました。

ちなみに、私は現代ものの一般文芸を読むときは、登場人物を現実の俳優さんと重ね合わせて読むクセがあるのですが、今回主人公の守は神木隆之介クンのイメージでした。
本の記述にもあるのですが、穏やかそうな顔の高校生なのでイメージぴったりです。
私は神木クンのファンで、松潤の次くらいにタイプの男性(年下だけど、関係ないです)なので出てる映画とかドラマはけっこうチェックしてます。
声優もやってますが、私はもっと映画とかドラマに出てほしいです。
カッコイイけど、松潤や山Pみたいなバリバリのイケメンでもないから、松山ケンイチや小栗旬みたいになんでもできる俳優になれる可能性があると思います。
他にも守の従姉に多部未華子ちゃんイメージしたり、叔父に柳葉サンをイメージしたりです。
もう頭の中で、勝手にドラマ化しちゃってます(笑)
     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。