スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めちゃイケオーディションの是非

2010_10310001.jpg

昨日無類のドラゴンボール&お笑い好きが判明したシオンちゃん。
今日は昨夜行われためちゃイケオーディションの結果について、マリーンちゃんと喋ってるようです。

マリーン:それにしても一組だけだと思ってたのに、まさかの半分合格ってナシでしょ。
シオン:岡ちゃんいないのを数で補おうなんて、めちゃイケも地に堕ちたわね。
マリーン:あたし、ジャルジャルは咬ませ犬だとてっきり。
シオン:ジャルジャル? あぁ、アレは吉本興業の圧力なんじゃない。吉本の芸人出すなら、せめてぐるナイのおもしろ荘の人出してほしかったわ。
マリーン:ハムとか? ジョイマンとか??
シオン:わたしは『あしやすなが』がいいのっ!
マリーン:……『あしやすなが』は今年の年越しおもしろ荘に一回だけ出てただけじゃん。シオンどんだけマニアックなのよ。
シオン:売れてる芸人応援しても、仕方ないじゃない。わたしはこれから売れるのをチェックする係なの。
マリーン:で、シオンはこれからもめちゃイケ観るの?
シオン:岡ちゃん帰ってくるまで観ない。
マリーン:やっぱりめちゃイケは岡ちゃんあってのめちゃイケだよね。早く戻ってこないかな~。

~おしまい~

昨日とおんなじお洋服ですみません。
ホントはもっといいお洋服着せたいのですが……。

昨日のオーディションの結果はバイト帰ってからネットで知りました。
まさかの10組中半分がメンバーになるという事態は、私だけでなく板東家のお人形さんたちもびっくりだったようです。
ちなみにこの様子だと、マリーンちゃんもなかなかお笑いに造詣が深いみたいですね。
ぐるナイの年越しおもしろ荘観るなんて、相当コアなお笑いファンくらいです(笑)

ナイナイの岡ちゃんは個人的にかなり好きです。
なかなかいい大学行ってたのに、それをひけらかすことなく若手のころと変わらない芸を追求する姿はまさにお笑い界の神ですね!
今回急病になったのは、私たちファンに笑いを提供したいあまり自分に無理しすぎたのかな、と思います。
岡ちゃん、ゆっくり休んでてね。
スポンサーサイト

ペンは剣よりも強し

過酷なバイトから帰って来ました。
今日は変なお客さんに2連チャンです。

私がレジやってるときに進物コーナーからおじさんが「お~い」と呼ぶのですが、レジが手放せません。
で、すぐ後にレジにも強面の兄ちゃん(妻子持ち)がいる。
他の店員はみんなはレジとか包装とかやってる。
とりあえず、先におじさんのほうを済ませようとレジを締めようとしたら兄ちゃんが「ありえないわ!!」と怒鳴り出す。
仕方ないからレジ開けると、兄ちゃんがケーキの番号札をメンコのように私に向かって投げつけたわけです!!
……優柔不断な店員(私)がもともと悪いのですが、番号札投げつける兄ちゃんのモラルを疑います。
しかも兄ちゃん、それを自分の子どもの前でやったわけで。
誤ったのですが、怒りは鎮まることがなくお会計は奥さんがしたはりました。
あんなモラルのない男になぜ妻と子がいるのか、フシギです。
その後、ご進物のおじさんにも「さっさとこいや!!」と雷を落とされたわけです。
……いや、レジやってる人じゃなくって他の店員に声かけよーよ。

そういう苦難を乗り越えた来月分のお給料は、ポケモン買ったらあとはすべてありがたく貯金にまわることでしょう。

はい、本題といきましょうか。
4月から2011年の電撃大賞用に『菊と刀と杖』という小説を書き続けているわけですが、締め切りまでにどうも完成させられないようです。
書いていくうちに、やはり世界観が薄っぺらいと感じるようになって。
題材は太平洋戦争からとっていて、戦争を止めようとする西式神術士の少女が軍部に交じって本土侵攻を防ぐために戦う中で、戦争で本当に悪いのは何か誰かを問うという作品です。
こんな殺伐とした作品を書こうと思っているのが、自分でも信じられません。
というのも、これは高校2年の終わりに見た夢の中の出来事をモチーフにしているからです。
あまりにも鮮明で物語的だったので、これは神のお告げだと勝手に思ってます(笑)

大学のゼミでは戦争とか愛国心とか、そういうものに近いことをやってます。
再来週は私の番なので、こないだ市立図書館に行ったのですが想像以上に関連書物が見つかりました。
今まであまり参考資料なしで自分の想像だけで書いてましたが、史実をほんの少しだけ拝借するとしても現実のものを参考にしなければ19の小娘には到底書けないと判断しました。

そういうわけで、簿記終わったら資料をもっと読み込むことにします。
でも小説をどこかに投稿したい……。
なので、他のお話を書いて投稿したいと思います。
……これも決して明るいお話じゃないんですけど。
資料がいらない代わりに、文体に特徴づけしなければ映えない感じです。
簿記終わったら書きたいと思います。

……サイトいつになったら開けるんだろう??

シオンのヒミツ

今日は豊中市立図書館にゼミに必要な書物を借りるため、バイト先に無理言って夕方からのバイトです。
本当はハロウィンだから昼に人手が欲しかったそうですが、今日は台風がくるから「ま、夕方でもいっか」ということで。
超いい加減なバイト先です(笑)

キャッスル製のお人形が2体に増えたので、ちょっと遊んでみよーと思います。
正直、akiさんのお家芸をパクってるようなもんですがお話自体は正真正銘オリジナルです。
……事後承諾ということで、コメント欄に許可いただいてきます。

さ~て、行ってみよう(笑)

2010_10300005.jpg

シオンちゃんは超のつく別嬪さんだから、高校でもかなりモテてると思います。
でもあまりに美人過ぎるから、逆に誰もアタックできないという現象も……。

2010_10300006.jpg

しかも美人なうえに頭がいいせいで、「豪邸に住んでる」とか「社会人と付き合ってる」とか「未来予知ができる」とか背びれ尾ひれがついたウワサが立ったり。
そんな彼女、今日はマリーンとショッピングに行くようです。

2010_10300004.jpg

マリーン:「お~い、シオン!」
シオン:「……マリーン」

2010_10300009.jpg

マリーン:「今朝のドラゴンボール観た?」
シオン:「もちろんっ!!」

2010_10300010.jpg

シオン:「悟空、ついに元気玉撃ったわね。地球のみんな、そして全宇宙のみんな、オラにほんの少しでいいから元気を分けてくれ~!!

2010_10300007.jpg

マリーン:「……シオン、梅田のど真ん中で大声出さなくても。それよりも、今日はアルゴンキンが半額セールやるって。早くいこ~よ!!」

~おしまい~

シオンちゃん、ドラゴンボールとか少年漫画大好きなようです。
毎週月曜にジャンプ読むのが日課なようで。
ちなみに、お笑いも好きで『あしやすなが』のファンだとか。

マリーンちゃんはやはりパンクっ子なので、アルゴンキンが大好きだそうです。
一方のシオンちゃんは、シックなBLACK PEACE NOW派です。
どっちもEST内にあるお店です。
対称的だけど、この二人はとても仲良しなのでした!

このブログではマリーンちゃん同様、シオンちゃんのイメージもぶっ壊したいと思います。
なので、温かい目で見守って下さいね☆

等価交換の原則。

2010_10300002.jpg

今、ふらんサンからお借りしたデータをもとに幻のポケモンを集めています。
なるべく白黒のシフターに入れるときに自分でがんばらなきゃ、と思ったからで。

で、以前GTSでもらったマナフィを餌にデオキシス(国産)ゲットしました。色違いです☆
この様子だと、05年の映画配信のもののようです。
最近の色違いはミスマッチなものが多いですが、これは違和感あんまりないです。

こんな感じで幻のポケモンを少しずつ集めてます♪

セカンドミュウ

2010_10300001.jpg

この画像、すごいでしょ(笑)
セカンドミュウをGTSでいただきました!!

2010_10300003.jpg

4年以上前から使われていたもののようです。
レベル100のポケモンデータに入れるの、初めてです。
かなり大事にされてたのでしょうね。

ちなみに、学校でポケモンやってる女の子に前にもらったミュウと8月にネット配信されたマナフィを1匹ずつあげました。

赤い

2010_10290001.jpg

まりかさんのアドバイスを参考にさっそく赤いお洋服に着せ替えました。
超初期の作品なので、縫い目とかかなり変です。
ついでに写真の腕が最悪ですがおおめに見て下さいね☆

2010_10290003.jpg

画像がぼやけてても美しい少女です。
シオンちゃんはマリーンちゃんに比べて幾分か写真うつりいいです。

2010_10290002.jpg

似たよ~な画像ですみません。
だってキレイなんだもん。
アイプリの色がブルーグレーなせいか、どの色でも無難かつ豪快に着こなせるようです。
シオンちゃんに赤、これを思いついたまりかさんは天才だと思います(笑)
アドバイスありがとうございました!

今日は文化祭なので休講です。
その代わりに、彩色行きたいので3日連続バイトします。
帰ってきたら、シオンちゃんとマリーンちゃんの絶妙な迷コンビをアップしたいと思いま~す。

本邦初公開!

眠かったので昨日中にアップできませんでした。
楽しみにしていた方がいたら、ごめんなさい。

2010_10260001.jpg

はい、これが箱入り姿(笑)
やっぱり新しい箱です。
私は前のほうがシックで好きだな~。

2010_10260002.jpg

黒髪の乙女です。
まさに日本的美少女❤
この様子だと、リップはI師匠がオマケで塗って下さったようです。
ありがとうございます!!

2010_10260003.jpg

こだわりはシャギーで重くなり過ぎないところ。
現実の髪型を参考にしています。
日本的だけど、現代的。
んでもって、媚びないクールさ。
シオンちゃんのそーゆーところが好きです。

師匠、キャッスルさん、ありがとうございます。
マリーンちゃんとともにこれからも大事にしますです!!!

リトファっ子、届きました。

さっきシオンちゃんが届きました。

母は「マリーンちゃんと髪型一緒やん!!」と突っ込んでますが(笑) 違います。
「同じような髪型ばっかりで、何が楽しいねん」とのこと。

それは同じ黒髪だからなのでは、と。
日本的美少女なんだもん。
黒髪に決まってんじゃん!

ちなみにこないだのマリーン嬢のコンセプトは『パンクロックの女神』です(笑)

今ある簿記の課題やってから、写真撮ってアップしたいです。
でも、今日もあと3時間で終わるからお写真は一部だけになるかもですが。

彩色ツアーに出陣じゃ~♪

それでもキャッスルさんで働きたい私、板東ひかり。
もし、もし万が一!! キャッスルさんが私をオファーしてくださるなら、大手企業を含めた一切の企業からの案内をすべて断るつもりですっ(笑)
私は学校では成績はかなり優秀なほうです。うぬぼれでもなんでもないです。
マジで100点がいっぱい並んでますし、単位は絶対に落としません。
毎日カラオケやら合コンやら行かずに、資格取得に励んでます。
おそらく、学校側から両手いっぱいの案内書を2年後の今もらってることでしょう。
でも、キャッスルさんに入りたい。んでもって、小説家になりたい。
同じくらいなりたいので、ここは貪欲にどっちも目指します(笑)

ま、キャッスルさんが新卒採用するかどうかはわかりませんが☆

先週のサンクスフェアで、「もうリカちゃんに人生の半分(もう半分は小説)に捧げたい」と思いさらにキャッスルさんへの情熱は増すばかりです。
キャッスルさんの即戦力になるには、
① 簿記を2級まで取って経理ができるようになる
② 学芸員の資格を武器に、ミュージアムコーナーの担当も兼ねる
③ ドレス縫製の腕を上げて自分でパターンを起こせるようにする


の3つは絶対条件です。これ以外にも、秘書検定を取れば社長の秘書になれますし会計士の資格があれば税金のほうも万全です。

でも私が本当にやりたいのは、お人形作りのほうです。
職人のみなさんのように、私もお客さんの希望に応じたお人形をオーダーメイドしたいです。
それにキャッスルさんにもまだ行ってない。
「入社したい入社したい」とわめいているだけで、本当に行ったことがないのにこのブログを通じて社長に知れ渡っているというのはどういうことだ、と。
なら行けばいいじゃん!
ってなわけで、来年の彩色ツアーに参加することにしたいです(笑)

問題は誰と行くか。
母は「私がお人形作ったところで、そのお人形はどうするの? 私はいらんから、アンタだけ行けば。それに私のほうが上手いから、社長から私のほうにオファー来るで」と(笑)
相変わらず、母は自信過剰です。ある意味そこが私に似たのかも。
学校の友人は「おもしろそうやん! でも、私はお人形いらんからあんたにやるわ。……? 無駄にお金払っていらんお人形作る意味ないかも??」とのこと。

そう、私のまわりはお人形などど~でもいいそうです。
彩色の苦難を身体に覚えさせることで、もし万が一手違いで入社が決まっちゃったときに役立つかもしれないと思うのですが。人の就職など他人はど~でもいいので、あまりツアーに乗り気ではないという(笑)

よもやま話

秋から教職取っているのですが、やっぱり自分が一番嫌いな科目を人に教えるのは間違ってるようです。
私がずっと大好きな社会科を教えるほうがいい、と母も言ってます。

社会科は志望者が多い科目ですが、私は教師になる気なんてさらさらないし、あくまで保険です。
英語教師やろうと本気で思う人は、阪大とか京大とか出身の人が多めです。
それなら三流大の私は確実に負けてしまう。嫌いな英語はいくら勉強しても頭に入りません。

私のいる学部からは社会科を取るのは無理っぽいですが(社会科学系なのにおかしいですね)、教職課窓口に無理言うか転科すればいいそうです。
今私のいる社会科学系の学部は、特にスキルを磨くことができません。臨床心理士になる道もあるけど、人間嫌いの私が人間の一番汚いところを見てごはんを食べることなどできません。
学部を経済系に変えたら、ちょっとは実務的なことも覚えられるしまだ即戦力になりうることができます。
転科の審査に必要な成績は、学力は超良好なので問題ナッシングです。
でも、経済系に転科すると学芸員にはなれないようです。

入学当初から他大学への編入をもくろんでましたが、文学部に移るとそれまで貯めてきた必修の単位はパーになって就活の忙しい4回生のときも必死に単位取らなきゃいけないです。
社会学系に移れば問題ないのですが、28万円の入学金と3万円の検定料を払ってまで今やってることと同じことをやることに意味あるのかな~、とも思います。
もっと社会的価値のある大学に入ったとして、大手企業にすぐに内定もらえるわけでもないです。
今や東大生も路頭に迷う世の中、それなら今のところで資格をいっぱい取るのも悪くないかもと。
でもでも、今あのアホ大にいる自分に納得できない。

遅くとも来年の1月ごろまでには決断しなきゃいけない話です。
リカちゃんキャッスルさんに入りたいと夢ばっかり追うわけにもいかず、現実を考えなければいけない19の秋です。
     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。