スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイ・ハリケーン

もう近畿は既に梅雨入りですって。
5月なのに(笑)
にしてはまだまだ寒いですね~。
明日は台風が来るとか。
バイト先にお客さんが来なくなるからそれはそれでいいのかも。

今月はいろんなことがいっぱいあったような気がします。
ゴールデンウィークはバイトバイト、オフの日も返上してバイトバイト(笑)
楽しみにしてた少女時代のコンサートは延期になるし、私が書いてきたレポートを准教授が勝手に自分の研究室でネタにしたり。

恋にも気づきました(やっとね)。
ホントは去年の10月からずっと好きだったのに。
激しく意識するようになったのは4月の下旬からですが。
「アタシ、彼とモンハンやったで」と言う彼の友人兼バンド仲間に対し、「わ……私もPSP買うっ!」とか口走ってみたり、「あの人はミジュマル派なの? ポカブ派なの? ツタージャ派なの?」とか意味不明のことを言った後で「……なんか私、病気っぽい」とつぶやいてみたり。
「ひかり、それは恋煩いじゃないの?」って指摘されても、「いや、違う!」と意地張ってみたり。
でもそのあとに「そうなのかな?」と考えて直してみたり。

「彼のことを想うと胸が苦しくなったり、逢いたいと思うならそれは既に惚れてるね。
好きだと認めたくない理由が意識してふつうに話せなくなるかもって言うなら、もう完璧っしょ!」
って彼女のメールに書かれていたのを見て、しぶしぶ認めることにしました(笑)
認めるはいいけど、なかなか会うことはできないし人見知りの激しい自分には話しかけることも難しくって。
友人は毎日のように会って喋ってるのに、自分だけそんなチャンスが巡ってこないし余計に恋煩いの症状は激しくなりましたよ(笑)
「神様は私とあの人を会わせたくないのか!」とか叫んで発狂してました。
そして友人には「どんだけすきやねん!」って笑われてしまうし。

そんなこんなの5月でしたが、彼とまた話せて仲良くなるキッカケができたので今月はいい月だったと思います!
やっぱり自分の運命は自分で切り開かなきゃですね。

な~んか最近ラブログと化しつつある、このブログですがお人形さんの写真とか時間出来たらまたアップしたいですし本の感想も書きますよ!
※当ブログはラブログではありません(笑)
こう書いとけば大丈夫かな~。


よくわかったのは、彼はやっぱり温厚で優しい人だってことです。
新たに超真面目で天然なことも判明しました☆
彼とバンド組んだことある友人は私たちのメールのやり取りを見て「やっぱエエやつ」と評していることから、私はちゃんといい人を好きになったんだと確信しました。
あの人は私とは対極の性格ですが、私にとってはそれは憧れです。
足りないものを持ってるような気がします。
もっともっと仲良くなって、「ガチャピンとムックだったらどっちがすき?」とか「ドラえもんの道具、ひとつだけなら何が欲しい?」とかくっだらない会話がしたいです(笑)
でも友人が「ゆくゆくはお付き合いしたいんでしょ?」って聞いてきました。
図星です!
今は彼からの返信が来るだけで幸せなんです。そりゃお付き合いとかデートとやらもやりたいですよ?
でも今はお互いがお互いのことを知らなきゃ。


コメレスはみなさん非公開コメからされてるので、今回は直接伺わせていただきます。
スポンサーサイト

大躍進です!

聞いてください!
ついに、ついに……昨日彼から直接メアドを聞きましたっ☆

友人からの紹介とかではなく、お昼休みに階段歩いてた彼をいきなりとっつかまえて、「あたし……○○ちゃんのお友達であなたと前同じ授業だった板東だけど、あなたの連絡先聞き逃しちゃったから。……よかったらメアド教えてくれへんかな?」と声かけました。
向こうは一瞬「は?」って顔しましたが、すぐに笑顔で「わかった」って言ってくれました。

赤外線送るにも私の心臓が言うこと聞かなくて、指先も震えちゃうしお母さんのデータ送ろうとしたりしました(笑)
それでも向こうは至極冷静でしたが。
聞けたはいいけど、やっぱりあたふたしちゃって「私、何送ればいいかな?」って逆に尋ねちゃいました。
あの人は笑って「いつでも好きなように送ってくれたらいいから」って答えましたけど。

このことからお察しのとおり、彼は私の気持ちに100%気づいています(笑)
向こうはおそらく私がどんな子かメールで観察してるのかな~って思います。

私は不器用で臆病で心配性で泣き虫だけど、相手を傷つけるようなことをしたくないからよく考えて行動する思慮深い女の子です。
実はあがり症です。
健康と真面目さと純情だけが売りです。
メールがぎこちないのは、誰かとお付き合いとかしたことがないからです。

……わかってほしいけど、がっつりそんなことは絶対書けません。
これからのメールのやり取りで少しずつ私のことを知ってほしいです。
そしてよかったら、私のことを好きになってください。

あの人とのメールは楽しいけれど、胸が苦しくなります。
彼はどんな気持ちで私のメールを読んで返してるのかな?

私が直接武力行使したことに、友達はみんな「よくやった!」と褒めてくれました。
私の内向的すぎる性格を知っているので、私の思い切った行動にはびっくりしたようです。
……私もやるときはやるんです!
だって、あれを逃したらもうないって思ったんだもん。

彼とのやり取りを読み返して微笑む10代最後の初夏を送る私、板東ひかりでしたっ!

気づけば5月も下旬

なんか最近自分の恋バナばっかりブログに更新していますね(笑)
私の脳をどれだけ浸食しているんでしょうか。
申し訳ないですけど、お時間あればお付き合いくださいませ。

私が彼のことを好きだと気づいてからみんな毎回その話をするたびに爆笑してます。
彼とバンドを組んだことのある友人曰く、「ひかりはわかりやす過ぎる」とのこと。
自分の感情をコントロールできるようになったと思ってたのに、恋愛感情とやらはまだまだ隠しきれてないようです。修行が足りませぬな。
全部私の思考回路が筒抜けになっちゃってます(笑)
なんでやろ?

思えば半年以上前からずっと好きだったんだと思います。
初めて授業で彼を見たときから既に一目惚れです。
一目惚れとか絶対にしないって思ってたのに。
話してみるといい人だってわかったし、住んでるところも比較的近所だったり音楽の嗜好もほぼ同じだったりで気が合いました。
でも人見知り激しいから連絡先とか聞けなかったんです。それに「好き」だって気づきたくなかったんです。
認めるのがなんか腑に落ちないのもですが、気づいたら胸が苦しくなるから。
いやいや、彼と話すときは毎回心拍数が2乗に跳ね上がってました(笑)
友人が彼と親しいのを知って、けっこう「彼ってどんな人?」って訊いてました。
友人はもうその頃から私が彼のことが気になっていることを見抜いてたようです。
私は毎回、「大学生にしてはオシャレな人がいない中で、こんなド派手な格好をする人は却っておもろいから観察してるだけ♪」ってごまかしてました。
さらには「顔そんなイケメンじゃないからうしろ姿だけでいい」とか言ってみたり(笑)
……ううん。別にド派手ではないですよ! オシャレなんです。華奢で長身だからよく似合ってますよ。
顔も決してオトコマエじゃないけど、普通です。

学年が上がって彼とすれ違うだけになって、私はいつのまにか彼を意識するようになってました。
それでもしぶとく「いや、これは観察の一環!」とか虚勢は相変わらず張り続けてました。
でもガタがいつの間にか来たんです。
彼を明らか意識してる自分は、彼に対してどんなことを考えてるのか何がしたいのかわかりませんでした。
それが好きってわかってからかなり焦りました。
どうしたらいいのかわからなくて。
いろいろ考えて、まず彼のメアドすら知らないからメアドがほしいと思いました。
でも会ってゆっくりしゃべる機会がないから、わからないです。
仲良くなりたいです。
友人は協力するって言ってくれました。彼女は彼にハナから興味ないようで。
オトコマエな性格だし、今まで数々のくっだらない相談からけっこう深刻な相談まで乗ってくれたから彼女は信頼できます。

えっと、コレ実話です(笑)
念のため。
内容が私の好きな少女小説に酷似してますが。
他者の恋心は読んでて面白いです。
でも自分自身がこんな状況になるともどかしいです。
コバルト文庫のヒロインたちの気持ちが今になって今まで以上にわかります。
もしかしたら今恋愛小説を書けばいいお話ができるかもしれません。
これを機会に今書いてるものを仕上げてみるのもいいかも。

これから簿記の3度目の挑戦をするために勉強します。
長文失礼いたしました。

カラオケ行ったですぅ

今日は午後から語学一緒の女の子と同じ学部の友達と合わせて4人でカラオケ行きました!
歌う曲でその人の個性出ますよねぇ~。
私は椎名林檎(但しソロに限る)よく歌います。
みなさんK-POPやら歌謡曲やらロックやら思い思いの歌唄ったはりました。
相変わらず私が一番へたっぴなんですけど……(泣)

そこにいた友達全員が私に今好きな人がいるのを知っているので、ラブソング的なものを歌うと確実に冷かしてきます(笑)
しかもそのうちの一人は彼とバンドを組んだこともあるので「あ、この曲○○も歌ってたで!」って言って自分も歌います。
それで私のテンションが飛躍的に上昇するのを知っているから尚更言います。
けっこう顔赤くなります。

いつか彼のバンドの歌聴いてみたいです。
学部も授業も違って道ですれ違うだけの人。
だいぶ先の話ですが今年は文化祭に参戦しようかな、って思います。
前は全部バイト入れてたけど、今回は土曜だけにして。
ただ彼のバンドの演奏観に行くのもアレなのでミシンで手作りのハンカチでも縫ってフリマをしようかな~って考えてます。実用性あるし☆
でも文化祭は11月だからまだまだ先の話です。できれば7月6日の誕生日までには彼とお話できる機会が来たらいいのにな~、って切に願ってたり。

4000人突破です!

ついにカウンターが4000超えました!
ありがとうございます。

今日は本来オフだったのに店長が来てくれと頼まれたのでお昼からバイトです。
私に完全なるオフが来るのはまだまだ先のようです。

次の目標は5000です。手堅くコツコツとです。
1年以上ブログを書き続けられたのが奇跡と言いますでしょうか、よくここまでやりましたよ。
大学卒業まで続けられたらいいな、と思ってます。それ以降も続けられたらいいのだけど。

先週は気になる人を見かけることはありませんでした。
学部違うと接する機会が少なくなりますよね~。
会ったところでどう話を切り出せばいいのかわからないんですが。
ふつう前に授業が一緒で友人が共通なだけで他に接点ないのに繋がろうとする私の本心なんて、「好意」の一択だと見抜いちゃうと思います!
おそらく向こうはアホではないと思います。前に誰かと付き合ってたりしてたんじゃないでしょうか?
メアドとか聞いたら確実に「あれれ? この子、俺のことが好きなのか?」って思うはずです。だって同じ授業なんてないんだから、メールを連絡だけのツールにすることは不可能なんだもん。

こんなことを考えてるうち、もういいや! って思いました(笑)
彼とはどうにかして何かで繋がることを諦めたわけじゃないです。
だってこっちは好きなんだもん、それがばれてもいいわ。
ガツガツは攻めません。道ですれ違ったときに手を振ったリ、お昼休みに世間話するだけではじめは全然いいです。それだけでもこちらの本心は向こうは十分わかるんじゃないかな……たぶん。
どういう方法を取るにしたって、私が彼にいくばくの好意を抱いているのは少なからず筒抜けになるはずです。
もうこれは諦めるしかないみたいです。
向こうがイヤならバッサリ切り捨ててくれたらいいし、それができない嫌われ者になりたくない子なら私のほうから八つ裂きにします☆
一番いいのは私が相手のハートをぶち抜くことですが、果たしてそれができるかどうか……。

彼にどこかで会う機会があれば実行あるのみなのかもです!
なんか4000突破のお礼のつもりが、私のくっだらない身の上話になっちゃいました。
って、去年の今頃もとある必修で精神崩壊してたときの話をつらつら書いてましたけどね。

名探偵の掟

ついにこの作品の感想をアップする日が来るとは……(笑)

松本清張、宮部みゆきの系譜を継ぐ社会派推理小説家の一人である作者の東野圭吾ですがこの作品のジャンルは本格推理小説と呼ぶべきなのでしょうか。
犯人を見つける役割を担った名探偵の天下一と、脇役だから犯人ではない人を当てずっぽうのように疑う役割を担った警部さんが登場人物です。脇役の警部さんの一人称です。

これはただの推理モノではないです。
現代多くの人に親しまれ愛される推理小説家に対する皮肉、批判、警告や暗黙の了解とされることへの容赦なさすぎるツッコミ、そしてただぼけーっと楽しむために読んでいる私のような間抜けな読者にも容赦ないツッコミを入れまくってます。
トリックもガリレオ先生とは違った意味で邪道で、こんなのアリかよ!!! ってこちらもツッコみます。

また、このお話の大きな特徴は登場人物が作者という小説世界の神によって生み出され動かされている人間であることを理解しています。だから神に対してもツッコミを行ったり、神の意志に抗おうとします。
ただこれはあくまでそういう設定なので現実的には神によって操られているのに過ぎませんが。
そして天下一は状況に応じて姿や性別を変えたり、作者も臨機応変に大幅な文体の改造も行います。
ラストは世に出ている推理小説の登場人物のマープル、浅見光彦などなどらしき人が登場しお互いにこれでもかのツッコミ合戦(笑) お腹が痛くなります。

ありふれたネタの本格推理モノよりも、動機と背景がカギの社会派のほうが好きな私ですがこういう皮肉った内容なら好きになれます。
それにしても、東野圭吾は読者に対して厳しいですね~。前も『容疑者Xの献身』でとことん騙してくれたし(笑)


次は私の人として最も愛する小説家・太宰治の『斜陽』をアップします♪
母に「こんな難しいの読むの?」って聞かれたけど、いろんな本をいっぱい読むようになってから文語体でない限りは大丈夫になりました!

ゴールデンウィークが空けましておめでとう

今まさにタイトルのような気分です(笑)
もはや忙しい中のバイトよりも学校のほうがマシです。

最近東野圭吾の『名探偵の掟』読んでます。
これがめっちゃ面白いです!
ガリレオも面白いですが、これは対極にある世界観です。
同じ人が書いたとはとても思えない作品です。
端的に言うと銀魂が推理小説になっちゃった☆ 的なお話です(笑)
それくらいハチャメチャしてます。

明日は献血の日です。
普段人の役に立てないのでこの機会に血を提供しに行きます♪
今震災とかで困ってる人もいるし。
私自身がこれで何もせずに400グラム痩せられるというメリットもあるけど(笑)

私が性に合わず気になる子ができたというのを受け、みんな一応は応援してくれるようです。
本当ならもう授業では会うことのない人でしたが友人のバンド仲間だったのが救いでした!
しかもその友人、自然といい人ばかり寄って来る性格なので彼はおそらく優しい人だと推測できます。
事実何度か喋ったけど温厚そうな子でした。
いつかお話できたらいいな~、とか思ってる時点でとっくに好きなのかな?

第1189回「ゴールデンウィーク、何が一番心に残った?」

ブログはじめて1年経ちますが、既存のブログテーマは初めて使うことになります。

何が残ったって、そりゃバイトに決まってるだろ(笑)
だって毎日バイトだったんだもん。
19歳のバカ息子に誕生日ケーキを買うクソジジイや、うちの母と7年前に口げんかしたPTAの愛想がいい奥さんが電話ではかなり冷たい喋り方なこと、私はレジでは通常の倍以上早口になって誰ももはや聞き取れないらしいこと(笑)、同時期に入った前ポケットにモノ詰める彼が鈍いこと、いろいろありました。

でも今月も給料絶対いいです♪
貯金できるわぁ~。

フローラとマリーン

バイトのハードさやら、昨日友人の愚痴に無理やり付き合わされてお金ないのにおごってもくれず仕方なくマクドでチーズバーガーたべたことやらいろいろありますが(笑)、気分転換にお人形さんたちの世界をのぞいてみましょう。

2011_05070013.jpg

実はフローラちゃん、女子高生ながらモデルやってます。
お人形の世界では知る人ぞ知るファッションブランド『ORIE KAYAMA』の専属モデルです。
これが今年のポスターの表紙。美しいです。

2011_05070002.jpg

フローラ「あら」
撮影後、駆け付けた黒髪の少女は……?

2011_05070001.jpg

マリーン「フローラ、机の中に宿題忘れてたよ!」
そうなんです。マリーンちゃんはフローラ姐さんと同じクラスだったわけで。

フローラ「ありがとう。でもスタジオに勝手に入っちゃうなんて、大丈夫なの?」
マリーン「うん。あたし、香山のお母さんとは仲いいからさ☆」
フローラ「……マリーンちゃん、リカちゃんとは毎日ケンカしてるもんね」

2011_05070003.jpg

フローラ「で、この後どうする? ファミレスでも行かない?」
マリーン「いいわね~。だけどフローラはサラダバーしか食べないじゃん(笑)」
フローラ「マリーンちゃんみたいに何食べても太らない身体じゃないんだもん」
マリーン「よーし、今日はハンバーグとオムライスにサラダバーとドリンクバーも付けちゃうぞ♥」


クラスでも人目を引く銀色の髪の彼女ですが、明るい性格のマリーンちゃんがお友達のようです。

ガリレオの苦悩

東野圭吾のガリレオシリーズは大好きです。
同じ社会派推理作家の宮部みゆきの作品との大きな違いは緻密なトリックですよね。
理系の大学で専門知識を学んだのは強いです!

この作品は『予知夢』以来の連作短編です。
今まで読み終わったあと、すがすがしい気分になれるものが多かったのですが今回は『ミニ容疑者Xの献身』を読んでいるかのような沈んだ気分になるものが3篇ほどありました。

『探偵ガリレオ』、『予知夢』とは明らかに一線画してます。
第一に、ドラマ版からの派生キャラ内海薫が登場します。性格は原作のほうが理知的で冷静沈着で、私は好感持てます。作者は内海さんが好きらしく、ガリレオ先生の研究所に捜査協力を頼む役割のほとんどを草薙さんではなく内海さんにしています。
そのせいで草薙さんのポジションが不憫に……(泣) 私は大好きなのにぃっ!

次に、今まで前作に絶対登場し実質的な主人公だった私の愛する草薙さんが今回3話目の『密室る』で一切登場しないという珍事です!
このお話の中心人物はなんとガリレオ先生! 本編のラスト10ページで登場とか、長編になると100ページくらいで登場していた先生がまさかの序盤からのフルイニング出場です(笑)

まぁ最初の『落下る』と4話目の『指標す』以外はすべてガリレオ先生が直接的または間接的に関わる人が犯人だったというのもあります。
やはり2話目の『操縦る』は中編ながら『容疑者Xの献身』並みの歯ごたえで楽しめました。
最後の『攪乱す』は、序盤から先生・草薙さん・内海さんの三人が登場し事件に立ち向かうファンとしてはドリームマッチ的作品でした!

これで現在単行本の形で世に出ているガリレオシリーズは全部読んだことになります。ヤッター☆
来月には3年ぶりの単行本『真夏の方程式』が出るようです。
東野圭吾作品は図書館の棚に置いていることこそ奇跡なことが多いので、買わない限り私が読めるのは何年か先でしょうね。
     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。