スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年陰陽師 羅刹の腕を振りほどけ

およそ一年半ぶりに読んだ『少年陰陽師』シリーズ天狐編の第4弾。

つうか前の話、どんなんだっけ(笑)

前からだいぶ空きすぎたせいかもかも。
なんか昌浩と彰子と章子があぶなかったような……。
じい様もたいがいだったような……。

まぁ雰囲気で読めます!
ひたむきなカワイイ昌浩がもっくんと日々奮闘してボロボロになったり、ボロボロになったり、彰子がピンチになったりする話だもん。

やはり王道の追い詰められた状況を打開しようとする昌浩は好きだわぁ。
で、ボロボロになるとさらに萌える(笑)
はいそうです、私はドSなんです☆☆☆

早めに続き読まないとまた忘れてまいそう。
読まなくてはですね。
スポンサーサイト

『天命を絶つ』番外編『赤いカチューシャ』

位置づけとしては本編の数か月後のお話です。
続きからご覧くださいまし。

続きを読む

手塚治虫を読んでみたり

日本はマンガ大国です。
子どもは皆、マンガを読んで育ちます。
それが池田理代子の作品か、美内すずえの作品か、矢沢あいの作品か、種村有菜の作品かくらいの違いです。
男の子の場合は石ノ森章太郎か、藤子不二雄か、鳥山明か、尾田栄一郎くらいの差ですよね。
つまり、時代によって流行とか活躍している漫画家は違えど何かしらよんでいるはずだと思います。

源氏物語などという小難しい古典を、『あさきゆめみし』という現代語訳がされていてしかも絵という形でわかりやすく表現されたマンガによって理解でき受験を乗り切った人も多いと思います。
私の場合、完全にはまって関連書物に走るようになっちゃいましたけど(笑) しかも勉強そっちのけで。

そのマンガをメジャーにした人物として、手塚治虫は絶対語るべき男です。
ロボットもの、ボク少女、同性愛、ロリキャラ(ピノコちゃんね)など今のサブカルチャーのキャラ体系のルーツを作ったりしたマンガの神です。
そして私の住む豊中市出身。
なのになぜ読まない? 読めばいいじゃん!
というわけで、読むことにしました。
生誕80周年とかで現在岡町図書館の一角は手塚治虫の作品で占拠されています。
岡町は手塚治虫の出生地ということもあってただでさえ彼の作品が多いのですが、今はその倍かも(笑)

で、『ピピちゃん』と『メトロポリス』を借りました。
『ピピちゃん』は人口爆発で済む場所を失った人間たちに人魚になって海で暮らすことを提案した科学者が自分の息子を人体改造して人魚にしちゃうという物語です。
カワイイ絵柄ですがえげつないです☆
手塚治虫のSF観って、科学の暴走で自らを滅ぼすという廃頽的な考えですが私けっこう好きなんですよね~。
倫理観とか問いかける姿勢も好きです。
今のはエンタテイメント性重視で中身がないから、こういう多少ブラックでも胸にぐっとくるお話はいつまでも残ります。

告白

映画化して話題になった湊かなえのデビュー作にして問題作。

私は家族でDVDを観て、その後本を読みました。
でも、原作より映画版のほうがよかったな☆
原作重視を主張する私は性に似合わず映画版推しをしちゃいました。

確かに原作の緻密な構成、登場人物の異常な心理、章によって変わる語り手と文体は素晴らしいです。
オチは知っているけどとても楽しめました。
だけど彼女の作品は映像という形で視覚化することで効果を存分に発揮するタイプなのかも。

小説をよく読むようになった代わりにマンガやアニメには触れないようになりました。
一応大好きなのですが、小説のほうに魅力を感じちゃって。
小説は自分の脳内で想像したり補完しながら読み進めることができますが、マンガには視覚によって制限をかけてしまいます。アニメはさらに聴覚にも想像の制限をかけます。
制限のない小説のほうが、今の自分にはよかったりします。

だけど『告白』は映像として視覚と聴覚に訴えることで、想像力を何倍にも膨れ上がらせることに成功した数少ない作品です。
これは登場人物の独白形式をパズルのように繋ぎ合わせた物語だったことも原因かもしれませんが。
すべてを語らなかったから為せたのかも。
映像のほうが生徒の目とかを見ることができて、よりえげつなさを増長させております。
でもそれは監督の腕がいいからで、腕の悪い人が同じ作品で映画を作るときっと駄作になったんでしょうね~。

そういえば湊かなえ、私が先日感想をアップした『贖罪』もドラマ化するそうですね。
あれがドラマ化とかワクワクですよ。
ただ我が家はWOWWOWなどという有料放送は契約していないしするつもりもないから、観ることができません。
残念。
狂気じみた人の役を演じることに定評のある(笑) あのキョンキョンが、エミリちゃんのお母さん役ってのが一番うれしいのに。

まさかの好成績?

色彩学を勉強中のひかりです。

でも色彩感覚はゼロです(笑)
理論を来月のテストまでに叩き込んでいるだけです。

そういえば前回のTOEICの結果が返ってきていて、結局ほとんど勉強してなかったから300点未満かなとか思ってたんですけど……
幸運なことに400超えてました(笑)

でも400点とかまだまだだけどね。
本当は700以上ないとダメなんでしょ?

一応英語の教員免許が取れるか取れないかのラインは400点らしいです。
私、これでも人に英語を教えていいということなのかものようで。

つまりは700超える人って、超人なのかも。
センター試験で80%超える人って、もう英語ペラペラなのかも。
難しい学術論文も3秒で解読できるのかも。

そんなに英語が話せることって意味あるのかな???

私は日常会話できたらいいと思うけどさ。
中学レベルで十分だと思うよ、うん。

まともに勉強すればもっといい点が取れるかもしれません。
次は1月に向けてがんばろうかな~。

『テンタツ』裏話②

『テンタツ』についてどれだけ書きたいことがあるんだよっ(笑)

いっぱいあるようです。
ネタバレしちゃうから、続きからご覧くださいね~♪

続きを読む

『テンタツ』裏話①

このブログ、私の気分が大きく影響しております(笑)

お人形さんを新しく買ったときはお人形さんの記事、ポケモンやってるときはポケモンのことばかり、
恋していたらなんか舞い上がってるし……。

そして今(2011年秋現在)は生まれて初めて書いた長編小説『天命を絶つ』フィーバーを勝手にやっております☆

この熱、絶対当分は冷めないよ(笑)
長編書くのって大変だし、『封神演義』と『ニーベルンゲンの歌』の影響を受けていると言えど世界観も登場人物も私がゼロから作り上げたんだもん。
私の世界、これからも大事にしていきたかったりするんです。

というわけで今回から、『テンタツ』についての裏話を連載しようかなとか思います♪
ネタバレになりますので大丈夫な方だけ続きからご覧くださいませ。

続きを読む

『テンタツ』の番外編を書きまくる女

『テンタツ』、初めて書き切った長編小説なので思い入れも愛着もあります。

シオンもハインツも王さまもモニカもルートもレオンも、みんなみーんな好きだったりします。

というわけで『テンタツ』の番外編を書いたりしています(笑)

学校やらバイトで忙しいので短編か中編だけですが……。

本編終了から数か月後の物語です。

あれからシオンたちがどうしているのかな~、ってのがわかるです。

一説によると、「明るい」そうです(読んでくれた友人談)。

もう短編の『赤いカチューシャ』は完成していて、今は中編書いています。

でも中編だから、少しだけシリアスにしようかな☆

シオン☆ザ☆実体化

『テンタツ』読んでくれた友人からのいただきものです♪

じゃん!

2011-10-01 141728

主人公・シオンの絵です。

ケータイの写メをパソコンに入れなおしてアップしているので横なのが残念ですが……。
青い睫毛も忠実でございます。

次はシャイル着たシオンも描いてほしいな~♪ なんて欲求が(笑)
騎士団の制服着てツヴァイヘンダーしょってる姿もいいけど~。

描いてくれてありがとうっ!
こうやって白い紙に黒インクの世界に色を付けてくれるのは、書いている側としては超うれしいんです。

略称は『テンタツ』♪

ちょっとタイトル長くて言いにくいから、作者公認の略称を決めました(笑)
『テンタツ』!

略称とかあれば、今後いいかもとか思って。

『テンタツ』で作った世界観と登場人物が気に入りすぎて、短編書いたりしています。
で、完成したものを今日ユナに渡しました。

長編はソーラル王国と他国間の政治抗争やら神の干渉やらの入り混じったシリアス系なのですが、短いものになると濃いキャラの面々のまったりした日常を書いた明るいものになります。
残酷物語を書きたがる私ですし、将来『鬼神の板東火雁』って呼ばれたいですけど暗いものばっかり書いてても気が滅入ります(笑)
こういうのをシリアスとシリアスの合間に書くのは楽しいんですよ~♪
登場人物の普段の素顔とか、垣間見ることができるし。

ユナ的にも、誰も死なない明るい物語を推しているようで。
うんうん、私も明るい『テンタツ』も悪くないと思ったり。
でもこういうまったりな日々を永久に続けるには、ソーラルのみなさんが天命を絶って神仏に打ち勝たなくてはいけなかったりします。
つまりはシリアスというわけです(笑)

私はこの世界が好きですし、これからも長編で続きを書いていきたいと思っています。
ただし続きなんかどう考えてもどこの出版社にも送れないから、あくまでも自己満足の範囲内です。
春休みは次の文学賞向けに別の物語を書く予定です。
途中で頓挫しちゃた『菊と刀と杖』、『テンタツ』を書き終えた今の私になら書けると思います。
     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。