スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き直したの

あらすじ書き直しました。
一応主軸は主人公の心なので、心を中心にしました。

早ければ来週にでも投稿します。
スポンサーサイト

要項書いた。

要項書きました。
あとは推敲、枚数の確定あるのみです。

あらすじ書くの難しいですね。
ざっくりすぎて面白さ半減してるかも。
いや、1/10かな(笑)

推敲はどうするか決めています。
漢字や段落ミスと、あとは一部修正ですね!

なんか手応えあります。大丈夫、うん。

とある魔術の禁書目録①

すごい作品でした。
新人の初作品だけあってパワフルですね~。

作者はいろいろ勉強なさってるのでしょうね。
スパイスがいいです。
記号に頼らない文章力も求めたいところですが……。

シリーズものの条件は、いかに読者が嫌わない主人公か……だと学びました。
『レギオス』のレイフォンは嫌いだけどこのお話の上条くんは好き。
レイフォンなんかどーでもいいから、『レギオス』は読まない。
でも上条くんは共感できるし、右手一本で自分を犠牲にしても立ち向かう姿がカッコイイから『禁書』は続き読んでみたい。

この差です。
共感できる主人公は重要なんです。

でもま、レイフォン好きってヤツがいるから『レギオス』は続いてるんだよねー。
『レギオス』派か『禁書』派か、好みの問題だけど女性ならば上条くんを選ぶんじゃないかな。

イケメンで強くてもヘタレネガティブな男と、イケメンじゃないし決して強くはないけどひたむきにがんばる男が同時に告れば世の女性は後者を選ぶはず。
少なくとも私はそう。

私は自分が肩入れできる人をメインに据えて書きますが、私が好きなのと読者が好きなのもまた違います。
お互いのニーズが一致すること、これもまたヒットの条件なのです。

ラストのどんでん返しには胸がえぐられました。
少女のために多大な犠牲を払った上条くん。
もうインデックスとの尊い出会いからの日々が思い出されることはないという現実。
彼がどうやってインデックスや御坂、魔術の人と関わるのか気になります。
だから読みます。


だけど私は神裂火織が好き。
強い女性は憧れです。
私と同じ「火」の字が名前に入ってるのも親近感沸きます♪

禁書さんごめんなさい

案外きてます。

『とある魔術の禁書目録』、読んでみるとなかなかおもろいかも。
文体は確かに嫌いです。
文体だけで言えば『鋼殻のレギオス』よりも嫌いです。

ザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザ。
みたいなアホ丸出しの文ではないんですが「……、」と「♪」の使用、これ原稿用紙正しく使ってるの? な文章が多いのがいただけません。
この文章力でご飯が食べれるというのなら、私でもとか思っちゃう人も多いかもしれません(もちろん私も含めて)。

電撃系なら支倉十とか時雨沢恵一、川原礫のほうが文章はうまいと思います。
でもそんなツッコミがどうでもよくなるほどお話の世界にダイブしちゃってる自分がいたり。

学園都市の設定は嫌いです。
大人の概念のない物語は薄っぺらくなるから。
だけどこの作品には多少ながら大人がいます。
小萌先生は幼女っぽいけど大人だもん。

萌え要素嫌いです。
お話がおもんないのを萌えでごまかしてる気がするから。
インデックスは幸薄乙女、小萌先生は幼女、御坂はツンデレラ、神裂は委員長タイプだけどみんな強くて美しいもん。
女性の私としては強い女性キャラが大好きです。この作品の女の子、それぞれに強いものを持ってるから共感できます。

主人公は王道カッコイイ系です。
これも共感できます。
能力ゼロでもかっこいいんじゃないでしょうか。

超能力は選ばれた能力、魔術は誰でもできる能力という設定も「おおっ」ってなりました。

最初の一巻だけ読むつもりでしたが、これから読み続けようかな~って思います。
純粋におもろい。文章としては微妙でも魅せられる。

レイフォンは死ねばいいけど、上条くんは応援できます。
だけどそんな私は神裂派なのです♪
黒髪・刀・スタイル抜群……鉄壁じゃないすか。

ラストまで読んだら感想を改めてアップします。

最後に。

『禁書』おもんないとか言ってごめんなさい。

掲載終了

もうご存知かと思いますが、そろそろ出版社に作品を応募するので本文の掲載を取り下げました。

読んでくださった方、もしもいらっしゃいましたらありがとうございます。
一応どんなお話だったのか簡単なあらすじを近日アップします。

できれば感想が欲しかったけど、一応お人形ブログなので興味のない人も多かったのかと思います。

リアルの友達もまだ最後まで読んでいないみたいだもん。
結局誤字脱字発見の依頼したけど、自分でやってます。

これは私の作品なんだから自分でやるしかないんですよね~。

もしも落選してしまったらまた載せます。

……でも実はものすごい手ごたえあって、過去の受賞作と読み比べると「あ、いけるかも」って自信あります。
王道な剣と魔法なハイファンタジー、萌え要素なし、学園ものぢゃない、主人公そもそも女性……と90年代っぽいつーか正直ネタが古いんですが逆に新鮮に見えたり、やっぱ王道もいいかもって思ってくれたりすると信じてます。
メッセージ性というか私の意見も盛り込んでるし。
震災の影響も多分に受けています。

いろんな要素をぶちこみまくったこの作品がどう評価されるのか、楽しみです。
あ、ちなみにタイトル変えます(笑)
ドイツっぽい国のお話なので、洋風なタイトルにしないとダメな気がして……。
中国の歴史小説かな~って思われそうじゃん?

『ソーラル・サーガ』とか『ソーラル戦記』とかそんな感じになるんじゃないでしょうか。
もしくは主人公の名を取ってふつうに『シオン』とか。
とにかくタイトルは変える予定です。

a Jumma

久々に縮毛あてました。
美容院のお兄さん、私のこと覚えててくれていたようです(笑)
すげー記憶力だ。
東大は入れるよ、とか言ってみる(笑)

で、本日は≪アンゲルゼ≫のおばさんの話。
タイトルのアジュンマはドイツ語ではなく韓国語。
「おばちゃん」の意味を持っています。

名前 シオン
出身 ソーラル西部の都市ソーラリア
職業 大衆食堂の女主人
年齢 25歳(自称。本当は50代)
身長 160㎝
体重 なーいしょ♥ だよ!
B/W/H 120/50/90(自称)


スリーサイズは嘘なんで信じないでください(笑)
恰幅のいいおばちゃんです。
名前は主人公の彼女と同じなのは言及してます。
意味が意味なので女の子にシオンと名付ける親は少ないです。
おばさんの家族は親ばかだったんです。

現在のソーラル王の過去を知ってたりセルティア料理ができるのは、王とは昔からの知り合いなのかな~ってのは想像できると思います。
王が学生時代にたむろってた学食のおばちゃんが彼女なのです。
王が即位したときにおばさんが引き抜かれたのです。
「おばちゃん、王都で宮廷料理人をやってくれ」ってな感じで。
もともとは城で宮廷料理人をしていました。
そこで引き取られてやってきたモニカに料理を教え込み、貯金で独立して店を構えたんです。

旦那は完全に尻に敷かれていて、およそ旦那としての体裁はなし(笑)
子どもには恵まれなかったせいかハインツたち孤児を自分の子のようにかわいがっています。
王にとっても学生時代からのアドバイザーです。

キャッスルドール春の品評会

品評と評しながら毎回新作が出るたびに好き勝手な感想を述べておりますが(笑)

昨日の東京のレポを巡回し、カワイイお人形さんにデレデレしてました。
がっ! カワイイお人形と欲しいお人形は違います。
みんなカワイイカワイイ言ってたら我が家は人形に埋もれてしまいます。
本当にカワイイ子だけを厳選するのが、私なんです。

あんまりいっぱいいてもお洋服作ってあげられないし。
両手いっぱいでいいんです。

なんやかんやで増えてますし……。
とりあえずプーリップのクレアちゃんとちっこいリカちゃんは集める意志がないので除外で。

27㎝シリーズは、
マリーン
シオン
高校生リカちゃん(黒髪袴ちゃん)
フローラ
あいこ様 の5体がいらっしゃいます。
サヤカさんも母にあげたので除外です。

で、昨日のレポ見てロべにキュン死しました(笑)

ロべとかカワイイ系の子は基本スルーなのに、なんででしょ?
黒髪ショートの子が色っぽくてヤヴァいです。
お色気むんむんです。
この私がロべに惚れるはずないって思ってたのに~。
恐るべしだわキャッスルさん。

カオリンにももちろんキュンキュンしてます。
カオリン大好きなんで。
バレンタインの子はお値段が7350円なのか5250円なのかで尻込み中です。
後者なら迷わず買うです。
来月の京都には行くつもりないです。今のところは。
もしかしたら友人誘っていくかもです。

マドモアゼルの新作、サユリンとロべと、あとは私の好きなあいこ様もいててうれしかったです。
これであいこ様が人気ドールのスターダムになればいいのですが……。
サユリンが人気なのは現代的だからでしょうね。上戸彩的な。
これ以上サユリンについて発言するとサユリストにまた何か言われかねないので(笑)、自粛自粛っと♪

読み読み中

現在推敲作業やってます。

『禁書目録』あんまり好きじゃないかもで読む気削げたし(笑)
「♪」「☆」などの記号を小説に使うのは私の中ではご法度なんです。
だめです。

段落ミス多いのが痛いかも~。
あと、設定矛盾も発見。
この調子で二章もチェック!

Lieselotte

お話書く気にもお人形ドレス作るにもならないウダウダ~(笑)
スターオーシャン2やる気もない~。

というわけで、今日も人物掘り下げよう♪

今日は妙齢の女魔道士リーゼロッテを紹介します。
レオンの先輩にあたる人。
シオンとパーティー組むのはレオンなんでリーゼさんの登場はかなり少なめなんですが、この際チョイ役でもなんでも掘り下げます。緻密な世界観構成のために!

名前 リーゼロッテ・ブライトクロイツ
出身 ウーテ公国
国籍 ソーラル王国
職業 ソーラル第二級国家魔道士
年齢 30
身長 168㎝
体重 53kg
B/W/H 97/58/98


出身がソーラルではありませんが、彼女はソーラル人の母親とウーテ人の父親の間に生まれたハーフだからです。
育ちはソーラル。そして上流階級市民。
そしてソーラルとウーテは同じサニエット民族で、言語も通貨も文化も共有しており、同盟国なのです。

お色気ムンムンのエロい姐さんです。
露出度の高い服に長いローブ。
赤毛、赤い服、赤い口紅の赤が似合う女性。
……でも主人公のイメージカラーも赤だけどね。

三十路です。
肉食女子です。
あまりもガツガツしすぎて婚期が逃げていきます。
そして現在恋人募集中(笑)
彼女の理想の男性は……
貴族
高学歴
高収入
高身長
カッコイイ

の5Kが条件。
いるわけないじゃん(笑)

典型的な肉食女子です。
もぉ好きになった男にはカラダひとつで体当たりも辞さないです。
彼氏の数は……作者の私にも把握できません!
一夜限りの人も入れると……。
えっと、いまの私が何言ってるかわかりますよね?
もうこれ以上言いません(泣)
とにかく言えるのは、わたしと真逆の恋愛観の持ち主です!!!

いろんな噂が飛び交っているので、いくら美人でも草食系男子は引きます。
だからレオンも先輩としては好きだけど、女性としてはニガテのようです。

仕事はかなりよくできるほうです。
頼まれた依頼はちゃんとやり遂げます。
若い女性ながらよくできるため、国からは一定の評価を得ています。

王都のアパートで独り暮らししてます。
部屋は魔道書とか服や出来合いのご飯の器などで散らかってます。
両親はソーラルの第二都市に在住です。

彼女はアンゲルゼ王朝からのメンバー。
今後が期待されます。
強力かつ高度な魔法、そして賢く美しい面に姫も憧れています。
ただし肉食な面には難色を示してます(笑)

Hagen

今日は大臣のハゲネの話です。
彼、エエ味出してます(笑)

それではプトフィールをどぞ。

名前 ハゲネ・フォン・トロネゲ
出身 ソーラル王国南西トロネゲ領
職業 ソーラル王国総理大臣(トロネゲ公爵家の長男)
年齢 55
身長 157㎝
体重 75kg
備考 ハゲ、そしてウェスト84.9㎝つまりメタボリックシンドローム


名前、まんま『ニーベルンゲンの歌』の登場人物からいただきました。
元ネタでは残忍で凶暴なジークフリートと並ぶ騎士で、ジークフリートを殺した黒幕的な存在。
しかしこのお話では保守的なハゲたオッサン(笑)

前の王朝のときから大臣としてやっています。
だから基本的に超保守的な思想の持ち主です。
常に型破りなことをしだす今の王には手を焼きつつも、ストッパーとしての役割を果たしています。
王もハゲネを信頼しているからこそ、「うるさい、ハゲ」なんてシャレにもならないことが言えるのです。

保守的とはいえ、どうにかして腐敗したソーラルの政治体制を変えたいと若いころから常々思っていたようです。
水面下でがんばっていたのですが、前の王朝ではやる気なさげな連中ばかりだったので誰も言うことを聞いてくれ
なかったんです。
そして28歳のとき、すでに10円ハゲが……(笑)

国を変えようという強い志という面で、王と一致したから正反対の性格ながら気が合うみたい。
アンゲルゼ王朝になったときにはバーコード頭でした(笑)
現在は頭皮の毛根が死んでトゥルトゥルです。
ソーラル王のストレスが原因です。
おてんばな姫やわんぱく坊主の雑草組にも手を焼かされてましたが。

温厚ですが言うときには言います。
雑草組を重要なポストに就けることを反対もしました。
ですが、それは上流階級からのやっかみに苦しむかもしれないと思ったからで……。

恐妻と娘がいます。
娘は年頃なんですが、まだ婿の貰い手がおりません。
このままだったらトロネゲ家は終わっちゃうのですがどうなることやら。
王と前王朝派の間に立つ緩衝剤なわけで、前王朝派の人とも仲は悪くはないです。

次は誰の話をしようかな~。
取りあえず新作書くです。
     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。