スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまたま買ったアイシャドウが恋コスメだった件について

就活のために、昨年初めてブラウン系のアイシャドウを買ってからアイシャドウの楽しさに気づきよく使うようになりました。
マスカラやアイライン以外に、目元強調できるって楽しいです。
ブラウンのシャドウは、無難に目を際立たせることができるけど、みんな使ってるから悪く言えば平凡。
そこで、もう少しカラフルなお色のものを買ってきました。

2013_05310003.jpg

私にしては攻めのピンク
元々は日本的に見えるグリーン系(IKKOさん談)のつもりだったんだけど、意外とピンクは目を綺麗に魅せると評判だったのでピンクに。

実はコレ、女性の間で大評判の恋コスメだったようです。
この色を付けたらより戻せた、デートできた、結婚できた、付き合えた、などなど!
ピンクミラージュ、略してピンミラです。

別に狙ってたわけでもなく、たまたま目を引いたから買ったまでですが。

いま気になっている人がいるから、おまじないのつもりで使ってみようかな♪
スポンサーサイト

とある魔術の禁書目録SS

一応サイドストーリーの位置づけってことになってますが、アニメ化されているし、今後の伏線になっているので実質本編と言って差し支えないです。
なんで本編にしなかったのだろうか、と逆に思う。
一貫性がなく、オニムバス形式だからかしら?

上条くんは神の右席に対抗すべく、彼らの話す英語を習得しようとしていたり(笑)
一方通行がついに土御門と接触するけど、肝心の上条くんとは接触しなかったり(笑)
待望の神裂登場だけど、ただの日常パートだったり(笑)
上条くんが拳以外の武器を用いてレベル0集団と戦ったり(笑)

お約束を敢えて外したってところがミソなのかもしれません。
神裂もっと出せぇぇぇぇぇ!

学園都市の忠実なるチワワになってしまった一方通行が、なんとも言えませぬ。
打ち止めちゃんを守るためだけに、何でもしようとする彼は見ていて辛いわ。

この話から、三人目の主人公・浜面仕上くんも登場です♪
フツーに噛ませ犬ポジションで、上条くんのパンチで沈められたけど、なんでこんな彼が主人公になれたのかしら。
次回に期待って感じだね。

本編⑭からは、アニメにもなっていない未知の領域です。
3期やるのかな~。やってほしいな~。

とある魔術の禁書目録⑬

前巻のゆるーいコメディから一転、学園都市でバトル勃発です。
上条くん暗殺のためにローマ正教から送り込まれた刺客・前方のヴェント。
そしてヴェントを止めるため、学園都市のドン・アレイスターが送り込んだ刺客・木原クゥゥゥゥン(笑)

木原クゥゥゥゥンは、打ち止めちゃんと風斬氷華を利用して天使を作るのが目的(本人はわかってないけど)。

今回はダイナミックに、上条VSヴェントと一方通行VS木原クゥゥゥゥンの二元同時バトル開催です!
ここにインデックスや御坂たちが直接的かつ間接的にかかわっていきます。

この話を読んでふと思ったのは、宮部みゆきっぽいな~ってこと。
群像劇でバラバラの糸を束ねていく感じが。
私はこういうパターンの物語が大好きです。
話があっちこっち行ってわかりづらいと感じるそこのあなた! まだまだですね。

ラストの一方通行がかなり悲惨な末路って感じです。
せっかく打ち止めちゃんと黄泉川先生たちと幸せな生活ができたはずなのに、また闇の世界に逆戻りです(泣)
愛情にも友情にも飢えていて、これから待っている未来も孤独な予感。
記憶を全て失っても、仲間がいっぱいで高校生ライフをエンジョイしている上条くんはまだ幸せですな。
手を血で汚しながらも、光を渇望する一方通行に幸あれ。

そんな私は、ピクシブで女性ファンが書いたと思われる一方通行と打ち止めちゃんのカップリング二次創作で癒されています。
この二人、マジ天使♥

幻想の街、東京

昨日、面接のために東京に行きました。
生まれて初めての東京だけに、期待でワクワクしましたが、実際は想像とは違いました。

2013_05220001.jpg

ビルが多く立ち並んでいるけど、結局御堂筋と同じだし。
浅草に行ったものの、ほとんど本町の心斎橋筋と一緒。
空が違うってわけでもなく、大阪と大して変わらないなぁ……と。

違うのは、電車の運賃が破格なのと、初めての場所でも道標がわかりやすくて行きやすいこと。
そして、右側通行なこと。
憧れの街だったのに、いざ言ってみれば普通でした(笑)

で、ちゃんとTOTOCOにも行ってきました。
おっちゃんから、卒論に必要なことを沢山聞いて帰りました。
おっちゃんありがとう。
TOTOCOはネットで見るようなレアドールや茶箱、カレンダーガールがいっぱいで、小さいお店なのに夢が詰まってました♥

そんな私が東京から連れて帰ってきたのは、彼女。

2013_05220002.jpg

ナオミちゃん。
幼稚園のときも持っていたし、ナオミちゃんはかなりお気に入りのフレンドです。

2013_05220004.jpg

瞳は日本人に似合うグリーン。
キリリ顔がポイント!
キャッスルのESC並みの3675円で買えるなんて、幸せぇ♥
ただし、10年間も箱に入ってたためか、箱の印刷の色が脚にこびりついていたり、顔の変なところにエアブラシ塗装が飛んでたりしてたので、さきほど塗料落としで落としました。
うんうん、別嬪さぁん。

本当は茶箱のツインテアベルもよかったんだけど、彼女のちょっとレアなボディに惹かれたってのもあったり。

2013_05220005.jpg

この身長差、どういうことかわかりますよね?

そうなんです。
リナ様や桜子さんやジュリ姐に使用されていたブリジットボディとかスペシャルボディとか呼ばれる、大人なボディなんです♪
おっちゃん曰く、シオン・大徳寺・ナオミなんかの大人っぽい子はTOTOCOだけブリジットボディ仕様の場合があるそうです。
これで我が家に29センチボディがやってきたってっことですな、うんうん♥

クールで大評判なシオンも、長身な姉さん前にはカワイイ妹分です。

なんか壇蜜さんっぽい色気も決め手になりました(笑)
ただ、ショートのウェーブは扱いづらく、リップの色もサーモンなので、蜜さんのようにはなれない、とお母さんに言われました。
実際いろいろ着せ替えてみたけど、お色気な女性っていうよりも、体育会系の女性って雰囲気がしなくもないです。

お金に余裕が出たら、リトファでリメイクして名実ともに壇蜜さんにするかもしれません。
今はこれで愛でるけど。今までにない色っぽさで美人だし。

最後に鎖骨の写真を。
続きからご覧ください。

続きを読む

明日は初・TOKYO

ふし遊の作者である渡瀬先生のブログを拝見したところ、先生の作品の質が落ちたのはがんばりすぎによる鬱病だとわかりました。
先生ごめんなさい……。
それなら3つも掛け持ちで同時進行せんと、冨樫スピードでゆっくりお書きになっていただければよかったです。
生き急がんといてください。
ブログ読んでいると、先生がなぜ鬱なのか、壮絶ないじめを受けた過去、ご家族のこと、そしてなぜ信仰の道に入ったのかがわかりました。
私は別に信者じゃないし、そもそも嫌いだけど、先生の信仰に縋るお気持ちがなんとなくわかりました。
今まで15年近くもふし遊読んできたのに、何も知らなかったんだな、と反省です。
週刊連載辛くなったら、無理やり打ち切っても冨樫になってもいいです。
無理して白虎描かなくてもいいです。
でも、ファンを大事にする方だから命削ってでも最後まで描き切るんだろうなぁ。

そんでもって。


明日はいよいよ人生初の東京です。
面接がメインだけど、卒論書くためにとある方にお話を伺いたいとか思ってます。勝手に、はい。
なんか色々不安なことばっかりだけど、職のために頑張りたいです!

ふしぎ遊戯玄武開伝の総論

昨日10年がかりでやっと完結した『ふし遊玄武』の最終巻を買って読みました。

20年近く前に発表された本編に明言されていた結末もちゃんと迎え、ファンを裏切ってなかっと思います。
納得のラストって感じでした。
特に、パパが多喜子を殺して自殺というよりも、「つながった血」を媒介に心中して、心からお互いがわかりあえたところとかよかった。
死ぬことが確定していた虚宿と斗宿も、ちゃんと死んでしまったし。
ただ、市井をかばって死ぬという当初の想定ではなく、紫義に殺されちゃったんだけど……。

まあ小学生のころから読み続けてきたけど、全体的に劣化したよね。

やっぱり前のと比較されてしまうのが原因なのかな。
朱青本編とは全くの別物で主軸も何もかも違うということを差し引いても、この作品単体でも評価は低めです。

単行本12冊の長さなのに、完結まで10年かかっていて冨樫もビックリレベルです。
その原因は、作者がドクターストップかかるほどの病気になったこと、掛け持ちで『桜狩り』やサンデーの週刊連載が始まったことなどがあります。
掲載誌も、少女コミック増刊号→ふし遊単独雑誌→凛花→増刊フラワーズと3回も変わっていたりします。
最後のほうなんか、サンデーの合間に描いてますって感じで、話が手抜きになって絵柄がサンデーっぽくなってました。

始めこそは絵は昔の本編よりもそのうまさに拍車がかかり、ストーリーも先が読めなくてワクワクしました。
本編とところどころリンクした箇所に、にやりとしたり。
度重なる休載に次ぐ休載で、作者もやる気が他の作品に回ったのかな~なんて思ったり。
最後は昔からの読者としての義務感で読んでたようなもんです。
7~11巻は正直つまらなかった。

最後でうまく帳尻合わせて終わらせてるけど、間の話はいらないかも。
ハーガスとテグのくだりがあまりにも長すぎる~。

いちばん「え~」ってなったのは、生き残った七星士が多すぎること。
わけあって今回は8人ってことになってたけど、牛宿か室宿のどっちかも戦死してほしかった。
特に室宿! 死亡フラグビンビンだったのに、何で生きてるのさ?!

前の朱雀は思い入れのある仲間が4人死に、青龍に至っては6人死んでます。
今回無駄に生き残りすぎやろ!!!

でも白虎も、結局読んでしまうんやと思います。
一度乗りかかった船は、最後まで乗るのです。
そのころはサンデーやめて、白虎だけをがんばってほしいですね。

とある魔術の禁書目録⑫

バトルほとんどなしのコメディ一辺倒でした。

御坂とデートする上条くん(御坂殺す……!)。
打ち止めちゃんと黄泉川家にご厄介になる一方通行さん。

そこへインデックスやら黒子やら乱入して大騒ぎ! って感じの安定のコメディです、はい。

私的には、黄泉川先生が一方通行に言った言葉が温かくて印象的でした。
なんやかんやで教師です。
小萌先生もだけど、理想の教師だよね。

いちばん素敵だったのは、インデックスと打ち止めが、地下街でお互いのヒーローの元へと帰っていくシーンです。
自分の正義を信じて貫くヒーローと、悪の世界へと飛び込むヒーロー、何もかもが正反対の二人は同じ場所にいるのに、違う場所にいるってニュアンスがよかったかと。
かまちー先生も、書き方で魅せるようになったってことですね。
涙でジィンって来ちゃう。

来週にTOTOCO行くかもしれない

私は今年の目標に、選考進んで東京行くことなったらTOTOCO行くって宣言してましたが、
実際就活って大変でお金なくなるし、そもそも東京の企業に決まったとしても、一人暮らしのためのお金は莫大なので、大阪で勤められる会社中心に就活しています。

だけど、今までただの一度も通らなかったエントリーシートが通って、まさかの東京面接のご案内が届きました。

しかも個人面接です。

私は貯金が尽きかけているので、辞退しよう考えてたんだけど母が「せっかくだから、交通費出すし行ってこれば?」って、言ってくれています。

正直、突然のことなので驚いています。

もしかすると内定もらえるかもしれないけど、もしかするともらえないかもしれない。

それ以前に、一人で東京行けるかどうかが不安です。

実は私、生まれて一度も東京行ったことがないんです。

東京ディズニーランドは千葉県浦安市なので。

一応羽田空港は東京だけど、羽田以外の東京知らない(笑)

方向音痴じゃないし、地図読めるからTOTOCOには行けるとは思うけど……。

いや、そんな問題じゃなくって!

期限迫られてるから、決断は早めじゃないといけないんだな。

どーすればいーの?!

世の中そんなうまいこといかないよね? ねっ!?

まさかの……最終面接です。

この私が。

最初からクライマックスな感じ。

IQテストで「わぁ、IQ測定不能の異常値出たわ(泣)」って落ち込んでたにもかかわらず、通過。

そして本日の面接では、就活スタート以来初の個人面接。

集団のときみたいに関関同立の人や国公立の人の与えるプレッシャーに負けることも、「志望動機は?」や「長所と短所は?」とかテンプレートな質問もなく。

ただ、私の持っている七つの資格&学芸員資格取得のために習得した梱包と展示について聞かれたり、

その企業で売っている商品に対する熱意を聞かれたり……。

アルバイトの内容を聞かれたり。それも、シャトレーゼじゃないほうの(笑)


私の強みが認められたのかな?


ちなみに商社。だけど扱っている商品は、私がこの世で一番好きなもの。



中小企業って、大企業よりも良心的かも。

大企業は、努力してきた知識や経験よりも、話のうまい子(っていうか、エリート大オオカミの体育会系)ばかり見てるから、私なんか空気な感じ。

でも、今日の中小企業は私の持っているスキルやイベントでの経験をしっかり評価してくれたようです。

これはとても有難いこと。



だけど、最終面接に当たり最大の問題があって、ラストは社長だそうです。

私は社長とどんなお話をするのでしょうか……?

最終面接に行ける人は、8割以上内定っていうけど、世の中そんなに甘くないよね? ねっ!?

今でも信じられない。

何度もメール読み返しちゃってるもん。

来週まで不安で全身の毛が抜けそう(笑)

安能版・封神演義 (上)

普段の私なら、一度読んだ小説をもう一度読むことはないです。
何度も同じ話を読む性格じゃないんで。

そんな私が珍しく、コーエーの完訳版を読んでから6年目の今、安能版の『封神演義』を読んでいます。

私は物語を作るときに最も影響を受けているのは、実は古典が多かったりします。
『源氏物語』と『ニーベルンゲンの歌』そして『封神演義』は鉄壁。
今に通じる考え方も多く、話の矛盾点や回収されなかった伏線は、現代の人が解釈すると面白い味付けになるんです。

『封神』はもともとプレステのテレビゲームを母と一緒にやってたのがきっかけで知りました。
小説はゲームよりも残酷で、繊細でゲームの主力キャラだった黄飛虎・天化・天祥の親子がみんな死んじゃったりしてかなりショックでした。
それでも読んでて痛快で、かなり難しい表現があっても最後まで読み切ることができたのです。

また、敢えて安能さんのバージョンを読もうとしたのかというと、次に投稿する文学賞に『封神演義』を題材としたものを書こうと思ったからです。
それに、いつか読んでみたいと思ってたし。

確かに、大筋は一緒なんだけどこれは別物って感じです。
哪吒は何があっても「なたく」って読まないし、李靖に玲塔籠与えたのは燃燈道人じゃなくって太乙真人だし、しかもオリジナルよりも難しい表現やたら多いし!

だけど私は、これはこれでアリだと思います。

中国や日本の歴史小説ってね、外来語を使わないって暗黙の了解があるんです。
でもこの作品は、かなり使ってたりします(笑)
「チャンスは来る」とか「スピードでは負けるよ~」とか。
おまけに黄巾力士はロボットだよ、って作者直々に解説しちゃうし。
お約束を壊しているところが好き。
かなり前衛的な表現だと思います。
上巻は主に、紂王が壊れていくさま、哪吒の生い立ち、姜子牙が軍師になるまでを書いたプロローグなので、正直だれるのですが、作者のカタカナ語を探すのが楽しかった。

そして、この作者はこの作品を無駄に賞賛しているわけではなく、けっこう批判もしてます。
私もこの作品はなんでも天命、命数とか言って自分の非道を正当化する闡教チームが嫌でした。
作者も同じのようで、オリジナルでは敵の申公豹に易姓革命を止めさせる役割を担わせていたりします。
話の矛盾に切り込み、闡教を叩こうとする時点で、これはもう安能さんの『封神演義』ですね!

この作品は中巻からやっと面白くなるところ。
どうやって味付けしてるのか、楽しみです。
     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。