スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走れメロス

教育実習で国語教えている中学時代の同級生から、教科書ぶんどって昨日読んでみたの感想。

この話は以前授業でやりましたし、『人間失格』と読み比べてこの話は太宰の理想を描いていることを知っていました。
こんな友情を育みたい、って心から思ってたんだなぁと。
私は『人間失格』が太宰の作品の中で、彼の本質を突いていて好きですが、太宰のことをよく知ったうえで『走れメロス』を読めばさらに楽しめます。

メロスが激怒した王様は、太宰そのものがモデルだったんですね。
人を信じられなくて、物語というもう一つの現実の中で身近な人を殺していたんです。
でも、太宰本人はそんな自分が大嫌いだった。
嘘をつかず、人を騙すことなく素直に生きるメロス。彼は、太宰の理想を投影したもの。
本当は素直に誰かを信じて生きたかったんです。

最後に、王様はメロスとセリヌンティウスの友達になりたいって言ってます。
太宰も本当は、メロスみたいな心から信じられる友達と仲よくなりたかったんですよね。
でも残念ながら、彼は生涯そんな友人に恵まれることはなかった。


彼の本当の、純粋な心の底を垣間見ることのできる美しい物語です。
この作品を読んで、私はやっぱり「もしも彼のそばにいられたら、絶対彼の自殺を止めていた」と思います。
スポンサーサイト

妹が痴漢を発見して捕まえた!

タイトルの通りです。

さっき妹が電車の中で、イケメンに痴漢行為する女性(だから痴女かな)を発見して逮捕に貢献したらしいです。
「何されてるんですか?」って聞いて、半年間同じイケメンへの犯行をする常習犯を締め出したとか。
間違ったことをはっきり言える妹のゆかりを、私は誇りに思います。


私はですねー、ちゃんと教育実習行ってますよ!
最初はかったるいと思ってたけど、お世話になる先生はみんな優しいし、実習仲間も同じ中学時代のいじめの経験から共感できる同士だし、何より子どもたちがかわいい。
あのお仕事を30年以上することは私には正直ムリだけど、塾講師って道も悪くないと思いました。
私を慕ってくれてる(というか、甘えてる?)子も、私に対して「自分で若い美人の先生言うなや、ボケが」と露骨な憎悪を見せる子も、みんな愛すべき生徒ですな。

自分で若い美人教師と言ってみたり、中学時代は体育以外はオール5だよと言ってみたりする私も私でアホだけどね(笑)

でも、オール5を取った事実を知った子どもたちに成績の上げ方を聞かれました。
社会科以外は畑違いですが、私の体験談をお教えしようと思います。


……あ、妹の自慢話しようと思ってたのに。
ゆかり、お前は私の最高の妹や!!!

がんばってきます!

明日から教育実習なのです。
母校ではありませんが。

この3年以上を、このために費やしてきたんだと思うので私なりに楽しんできます。

落ち込んだり、病んだりしたらここでぶちまけちゃうかもだけど。
そのときは、長い目で見てあげてくださいなんし。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

日本国民でタイトルを知らぬ者はいないであろう、サディスティック☆学園☆ファンタジーも中盤。
今回からは上下巻構成。
長いけど、緻密な伏線と濃ゆいキャラがビンビン立っててあっという間に読めます。

今回は、ひかりの考察付きです(笑)

まあなんというか、この章がハリーにとっても物語においても大きなターニングポイントだなぁ……と。
本編の時間軸でついに死亡者も出てしまうし。
セドリックは4巻で主要キャラクターに躍り出ますが、実は前のアズカバンで「クィディッチでハリーに唯一勝利したハッフルパフのシーカー」として登場しています。
同時に初恋の乙女チョウ・チャンもアズカバンで「ハリーが一目惚れしたレイブンクローのシーカー」として登場しています。
作者は前の巻で、次回活躍する人を抜け目なく印象的に紹介してます。
これは次に絶対その人物を使って物語を書くという計算をしなければ、ほとんど無意味になるのでなかなかに大掛かりな装置となっています。
『賢者の石』の頃は生活保護を受ける貧乏シングルマザーで、出版できるかどうかも分からず一発屋で終わる可能性も高かったはずというかデビューすらしてない作者ですが、初期から大技を繰り出してきます。
作家志望な私としては、ローリングさんすげぇわ。

今まで漠然としていた敵組織の正式名称とか、対抗組織なるものの存在とか、果てにはあのダメダメなネビルの親の話とか次々と登場して物語における最終目標が何なのかがクリアになっていきます。
私的には、ダンブルドア校長の底の見えない思考回路が気になりました。
なんでいつかわかるはずのことなのに、ハリーだけにはいつも何も教えようとはしないのでしょう?
そしていっつも暗躍してる。
……謎です。


私の個人的な感想です。
マルフォイ(ぷらすクラッブ&ゴイル)がだんだん噛ませ犬になってるよ~!!!
もっと悪役っぽく、何か大役を担わせてあげてくれローリングさん(笑)
ラストシーンの、呪い袋叩きはかわいそうです。
ハリーよ、もう少し手加減してやってくれ。というか、相手すんな(笑)


以下は、私と全作読んで尚且つ映画も全部観たお母さんとの間に生じた謎の考察です。
若干、次巻『不死鳥の騎士団』の内容も入ってきます。

続きを読む

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。