スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル鬼ごっこ

二本目は、山田悠介の作品。
ジャンルはホラーになるみたいですが、私はSFに感じました。


文章が下手だったり、反社会的にもほどがあって編集部が尻込みする作品しか書けない場合、彼のように自費出版もできるみたいです。


王様が自分と同じ名字の佐藤さんを全滅させるため、鬼ごっこを開催するって話です。
ここでのポイントは、佐藤って名字がある国(日本)の暴君が黒幕な点。
あくまでも「王様」ですが、日本は天皇陛下を想起させるのでフツーならば文学賞に応募しても誰も見向きしてもらえないです。
いくら内容が面白くても。

自費はリスク高い反面、だれでも文豪と同じスタートラインに立てるから堂々と自分の作品を広く読んでもらえます。
私を含め、多くの人はこういう作品をけっこう好むのでベストセラーになったのでしょう。

だけど、養子縁組か結婚で名字を佐藤から別の名字に変えれば鬼ごっこに巻き込まれなかったんじゃ……、とツッコミそうになりました(笑)
まだまだ甘いわ。
突拍子もなく、主人公が王様を射殺するラストには、「え?」ってなりました。

もうこの人の作品読まないかも。
スポンサーサイト

KAGEROU

バイトと学校が忙しくて、投稿の準備ができない……(泣)
締め切り間近なのに!


今日の本の感想は豪華二本立て!
まず最初は、私の大好きな俳優の水嶋ヒロさんが文学賞で大賞を取ったあの作品。
三年経ってやっと読めました。


水嶋さんには悪いですが、……これは出来レースだと思いました。
そうじゃなければ、小説家目指す人に悪いです。
っていうか、これをそのまま商品にできるレベルちゃうし、これは本来ならば最終選考に残すのも間違ってるかも。

文章も初心者レベル
序盤から中盤にかけての冗長すぎる展開
ご都合主義的な甘すぎる結末
共感できない主人公の境遇


自殺の動機がただの借金苦ってのが、甘いわぁ。
なんかなかったのかな?
同時引けそうなヤツ。

でも欠点ばかりというわけでもなく、これから次第で輝ける素質はあります。
自殺志願者の臓器売買をする法人とか、手動の人工心臓とかSFちっくな設定は一般文芸の中ならば輝けます。


敢えて言うならば、もっともっとシビアにするべき。
物語の中だからこそ、主人公を追い詰めて物語を盛り上げたほうがいいです。

デビューして大分経つのですが、出版社から依頼がないのか本人に書く気がないのか、新作はまだ出てないです。
酷評が目立つ作品でしたが、批判はその分誰かが読んでくれている証なので、めげずに書いてほしいです。

超・殺人事件 推理作家の苦悩

今でこそ大ベストセラー作家の東野圭吾ですが、売れだしてきたのは2005年ごろでそれまではあまりぱっとしない小説家でした。
この作品は、ぱっとしなかった時代の自分の体験を基にしている気がします。

売れてない小説家が売れ出したけど、お金を使いすぎて税金のことを忘れてて対策に追われる話。
売れてない小説家の殺人を真似た事件の多発で、注目されてスターダムになってしまう話。
担当編集者に言われるがまま、駄文を水増しして長編小説に仕立てる話。

小説家は売れないってシビアな現実に、ふむふむとうなずくばかりです。
冬の時代が長かったせいか、こんなリアリティのある設定になるのですね……。

私は個人的に、理系っぽい知識ばかり並べられて読者が置いてきぼりになる話と、小説家も編集者も読者も高齢化で全員認知症だけど気づいてないって話と、本を読まずに機械に読んでもらって評価を下す話が好きでした。
ぜんぶファンタジー的です(笑)

東野圭吾は、たまーに読者を試す意地悪な話を書いていますが、これもそうです。
どことなく『名探偵の掟』とそっくりな作風だけど、こういう系統もアリだと思います。
社会派がよく売れる作家になった今となっては、もうお目にかかれないのかしら?

一年ぶりのバイト再開

内定はありませんが、毎日楽しくやっています。

先週からは約1年ぶりにアルバイトを再開しました。
100円ショップの営業所オフィスで、事務をやってます。
それも時給1000円で☆
週3の8時間勤務だから、お金が怖いほど貯まる貯まる♪

面接は一瞬で終わりました。
大学4回生ともなると、すぐやめることが目に見えているせいか断られる場合が多いそうですが「はい、採用で」って言われました。
それもそのはず。
だって私、普通の人には使えない特殊なソフトが使えるんだもん♪

フォトショップ、イラストレーターは値段が10万円以上するのと、そのクセの強さからインストールして使う人はいないのです。
でも私の場合、夏ごろにバカ高い受講料を別途支払って必修科目を受けていたので使うことができるのでした。
基本事務作業中心ですが、売り場の人員が少ない場合などは販売にも駆り出されます。
でも品出しだから、大丈夫。
ほとんどの食品は保存きくから廃棄の概念はないし、値段は全部105円。
シャトレーゼのような過酷なものではないです。

人間関係も、人数多いから結構ドライ。
そもそも販売でもないし、社員でもないという特殊な立ち位置のため身軽です。

これで卒業旅行の代金も、3DSも、ポケモンXYも、ヴィヴィアンのアクセサリーも全部買える♪
ただ、お給料がいいほど浪費の危険性もあるので、毎月のご利用限度額を決めなければいけませんね。
     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。