スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女七竈と七人の可愛そうな大人

桜庭一樹は紙とペンで『世界』を作ることが得意な作家です。
ファンタジーというわけではなく、文体や登場人物によって作風ががらりと変わるという意味での『世界』です。
彼女の作品がライトノベル界で優遇されなかったのはそのせいだと思います。

七竈のワールドは『赤』と『黒』を基調とした美しい箱庭です。
各話によって語り手が変わるのですが、主人公の美少女・七竈とその親友・雪風が語り手のときの文体が特徴的です。
嶽本野ばらのようだと言うべきでしょうか。
ジャンルは全く違いますが、中野淳一のイラストのような雰囲気です。

淫乱な母のせいで大変美しい容貌を持つ七竈と彼女に直接・間接問わずに関わる七人の大人の物語です。
七竈は淫乱な母のせいで親友の雪風とは結果的には逢えなくなり、一見すると七竈のほうが『可愛そう』なのですが、タイトルにあるとおり本当に可愛そうなのは七人の大人たちです。
以下はネタバレ含みますので、追記とさせていただきます。
七人の大人とは厳密には淫乱な母が冒頭で肉体関係を持った男たちのことではなく、
① 男と寝ることでしか生きる意味を見いだせなくなった七竈の母
② 七竈の母と関係を持ったことで妻に恨まれ、結果呪い殺されることになった田中教諭
③ 夫と関係を持ち、七竈を生んだ彼女の母を恨むけれど恨み切ることはできず、親友のままでいる雪風の母
④ 美しい容貌だがそれだけで、妻のヒモである雪風の父(=七竈の父)
⑤ 七竈の母に夫を寝とられ、彼女と夫の両方を恨み続ける田中教諭の妻
⑥ かつては美しかったが、都会の喧噪によって美しさを失って以来、美少女を芸能界にスカウトすることでしか生きる意味を見いだせなくなった元アイドルの梅木
⑦ 七竈を自分の娘だと思い込み続けている東堂

の七人のことです。

七竈は彼らのような、呪縛から解き放たれて一人箱庭の世界を出ていったので可愛そうではないのかなと思います。
『可愛そうな大人』の予備軍はおそらく雪風です。
彼は箱庭の中で七竈のことを思い続けることでしか生きていく意味を見いだせなくなると思います。

『美』は呪いです、小さな町では。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。