スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリレオの苦悩

東野圭吾のガリレオシリーズは大好きです。
同じ社会派推理作家の宮部みゆきの作品との大きな違いは緻密なトリックですよね。
理系の大学で専門知識を学んだのは強いです!

この作品は『予知夢』以来の連作短編です。
今まで読み終わったあと、すがすがしい気分になれるものが多かったのですが今回は『ミニ容疑者Xの献身』を読んでいるかのような沈んだ気分になるものが3篇ほどありました。

『探偵ガリレオ』、『予知夢』とは明らかに一線画してます。
第一に、ドラマ版からの派生キャラ内海薫が登場します。性格は原作のほうが理知的で冷静沈着で、私は好感持てます。作者は内海さんが好きらしく、ガリレオ先生の研究所に捜査協力を頼む役割のほとんどを草薙さんではなく内海さんにしています。
そのせいで草薙さんのポジションが不憫に……(泣) 私は大好きなのにぃっ!

次に、今まで前作に絶対登場し実質的な主人公だった私の愛する草薙さんが今回3話目の『密室る』で一切登場しないという珍事です!
このお話の中心人物はなんとガリレオ先生! 本編のラスト10ページで登場とか、長編になると100ページくらいで登場していた先生がまさかの序盤からのフルイニング出場です(笑)

まぁ最初の『落下る』と4話目の『指標す』以外はすべてガリレオ先生が直接的または間接的に関わる人が犯人だったというのもあります。
やはり2話目の『操縦る』は中編ながら『容疑者Xの献身』並みの歯ごたえで楽しめました。
最後の『攪乱す』は、序盤から先生・草薙さん・内海さんの三人が登場し事件に立ち向かうファンとしてはドリームマッチ的作品でした!

これで現在単行本の形で世に出ているガリレオシリーズは全部読んだことになります。ヤッター☆
来月には3年ぶりの単行本『真夏の方程式』が出るようです。
東野圭吾作品は図書館の棚に置いていることこそ奇跡なことが多いので、買わない限り私が読めるのは何年か先でしょうね。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。