スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩の街(本編)

超久々の本の感想です。
最近図書館に有川浩の作品おいてることこそ珍しい世の中ですが、偶然デビュー作が本棚に並んでて奪取しました☆

もともとは電撃小説大賞受賞作ですが、一般文芸にも通じる高い完成度を誇っていたためハードカバー化したものです。
電撃を読むお子様方のために媚び売った表現を投稿時に戻したりしています。

人が塩になるという奇病が蔓延する東京での、女子高生と元自衛隊員の生活やら世界を救う話やら恋愛やらを描いています。
ジャンルはポストモダンとか言われるSFですね~。

私は今まで有名どころの電撃文庫を何作か読んでいますが、この作品が一番面白いです。
同時に、今まで読んだ有川浩の作品の中で一番好きかもしれません。
自衛隊という単語が引け目感じましたが、実際読んでみるとそっちよりも荒廃したその世界観に惹かれます。
18歳の女子高生と28歳の元自衛隊員の年の差愛は有川浩お得意のべた甘恋愛の原点とも言うべきでしょうか、読んでて甘酸っぱいです。
でも恋愛恋愛していない感じがいいです。
それに何より性的描写がないっ!
これはお子様の本だということが却ってよかった点です。
これが私が図書館戦争よりも推してる理由といっても過言ではない(笑)

電撃をはじめライトノベルはキャラクター小説とも言われており、キャラが目立っていることが大前提でありぶっ飛んでいたらなんでもいいみたいな風潮がありますがこの作品は違います。
確かに入江とか個性的な人もいますが、たいていはどこにでもいそうな性格です。
別に萌え萌え萌え~でもないです。
そこも私が推す理由だったり。

そりゃあここまでレベルが高くて楽しめるなら、一般文芸行っても成功します。
文章もテンポの良さ優先で若干読みにくいところあれど、あかほりさとる文体もないし文章で魅せられてます。
今お話を書いているので参考になりました!

まだ後日談残ってるので、また今度読み終わったらアップします。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。