スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏の岸 暁の天

十二国記本編の最新巻(でも2001年出版)で、春休み中に読んだ『魔性の子』の十二国サイドのお話です。
王や麒麟が主人公になることが多い物語ですが、今回の主人公はなんと王でも麒麟でもなく戴の女将軍・李斎です。
『影の海 迷宮の岸』の脇役ですね~。

王も麒麟もいなくなった戴は荒れ果ててしまい、李斎は慶王の陽子に命懸けで助けを求めます。
自分の国の復興もままならないのに陽子は延王たちとともに尽力します。
しかしそれを阻むのは天の存在。
天の理をかいくぐり、蓬莱(日本)か崑崙(中国)へ行った泰麒を捜索します。

上巻は王と泰麒が消えて崩れつつある戴を、李斎の回想と慶の人々との交流を交えて描き、下巻は大捜索を中心に進められます。
10代の女の子向けなのにもかかわらず歴史小説のような難しい文体なので、小学生のときは読んでも理解できませんでしたしアニメで満足してました。
今読んでても時折難しいです。
これは一般文芸でも十分通じます。事実、講談社文庫化してものすごいことになったようですし。

慶国の内乱に身分を隠した陽子が参戦した『風の万里 黎明の空』のときに登場した味方がみんな登場してたのはうれしかったです!
鈴ちゃんと祥瓊はいつでも陽子の友達ですね。
天涯孤独の桂桂もちゃんといました。
『魔性の子』ではミステリアスな存在でしかなかった泰麒の女怪と指令の視点からのモノローグがあったのも、よかったかと。
この作品の最大の謎である天とその理に李斎がものを申したのは大きいです。
はよう続きを出してほしいのですが、ゴーストハントのアニメ化なんかやってる場合じゃないですよ(泣)


私は挿絵も大好きです。
絵は物語の想像力に制限かけるという致命的な難点がありますが、この本の挿絵の山田章博さんの絵は嫌味がないです。
そういえば『ドリームバスター』の挿絵もこの人だったっけ?
萌え絵は想像の余地を消すから嫌いだけど、こういう人の絵なら全然大丈夫なのです。

えっと、コメレスしますね!
続きからどうぞです。


>Yさん

5000人突破お祝いコメント、ありがとうございます。

ゴーヤなどの苦みは平気なんですが、ビールは無理です(笑)
お好み焼きのお供にしようとしたのですがお好み焼きまでもまずく感じました。
まだまだカクテルとライチ酒でいいようです。

あの親子はたぶん一生忘れないと思います。
特に子供の名前。
あれはなってはいけない親の典型だと肝に銘じておきます。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。