スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の書いたお話の登場人物について(レオンハルト編)

こちらも続きから☆

レオン、初期設定では頼りがいのあるお兄さんでしたが、いざ書いてみるとチャラかったです(笑)

ハインツの幼馴染で彼の最大の理解者、みんなにも頼られるとかいうポジションのはずだったのに~。
まぁ、ハインツはレオンを頼っていますよね。
そこを鎮魂祭のときに描写したつもりです(笑)

チャラくなったのには経緯があります。

私は前期の授業で、期末レポートに『ニーベルンゲンの歌』のことを書いたんです。
『ニーベルンゲンの歌』は、騎士の英雄譚と復讐の連鎖と悲劇を書いたドイツの抒情詩です。
『天命を絶つ』はこの作品の影響をもろに受けていて、それがかなり反映しちゃったのがレオンなんです(笑)

たとえばなんですけど、「騎士は乙女に愛を」とか「騎士の悲劇に乙女たちはどれほど悲しんだか」とかそういう描写があります。
ここでいう乙女とは、お姫様とか姫に仕える侍女とかのことを指していてお話を読んだ方は作中に何度か「乙女」という単語を見かけたと思います。
で、乙女というあの作品独特のエッセンスをこっちにも引用しようとレオンがチャラ男になったわけなのです!

でもただチャラいだけじゃなく、プレッシャーに弱いというさらに雑魚設定つきです(笑)
これで当初の予定ではもっともっと影の薄かったレオンが、人間臭く印象に残る登場人物になったのではないだろうかと自負しています。
ベルツ大先生亡きいま、レオンはもっともっとがんばってプレッシャー弱いのも克服してすげぇ魔道士になるべきです。
がんばれ、レオン!
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。