スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎解きはディナーのあとで

2012年一発目の本の感想です。

友人に去年の10月とかに借りてたのに、読み終わったのはさっき。
もう春休みだから返せるのは春の健康診断のときくらいかな。

……すみません、返すの遅くなって。

それでは感想を。

去年の本屋大賞だの、イラストレーターはアジカンの人だの、ドラマ化だの話題性がありましたが、内容は
マープルばあさんとワトソン君を掛け合わせて、今はやりの執事を出しただけです。
それだけでベストセラーになるんです。
トリックも犯人探しも別に意外性はないです。
オーソドックスな本格推理小説が、現代風にアレンジされているだけです。

私の本格推理小説デビューが松本清張の『点と線』で、探偵ガリレオシリーズを愛読していて、『名探偵の掟』のせいで本格推理小説を冷めた目で見るようになってるので別に斬新とも思わないしカタルシスも感じませんでした。
このお話は、本格推理小説を初めて読む人にはウケるんじゃないかと。

キャラクターの濃さでごまかしているだけです。
確かに、清張や宮部みゆきの刑事さんは性格も名前すらも記憶に残りません。
でも、話の内容は鮮明に残るます。
対してこの作品は刑事さんの名前もキャラも印象に残る反面、事件などの話の内容は頭から削除されていきます。
……これって私にとってはいいお話じゃないんです。
ガリレオシリーズみたいに探偵役も犯人も印象に残るに越したことはないんですけどね。

キャラの濃さは、「その人でないといけない理由」を反映させるべきものです。
でも、別に毒舌の安楽椅子探偵が執事である理由も事件のミスリードをする麗子さんや風祭警部が金持ちの刑事である理由もないんじゃないでしょうか。

この役割は、『名探偵コナン』の蘭姉さまや新一でも『金田一少年の事件簿』の金田一くんと美雪ちゃんでも出来ると思いませんか?
「ねえ新一、あたしにもお父さんにもわからないの」
「バーロー。オレが解決してやるぜ。真実はいつもひとつ!」
みたいな感じで(笑)
そういえば『探偵ガリレオ』でも、湯川先生は研究室から一歩も出ずに草薙さんから状況聴くだけで科学的に解決することがけっこうありましたよね。

キャラさえ濃ければイマドキの読者はおもしろがる。
ライトノベル卒業生が好みそうなお話だったのかもしれません。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。