スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラル・サーガ あらすじ

『天命を絶つ』は『ソーラル・サーガ』に改題したことをご報告します。
主軸はシオンだけど、叙事詩的な雰囲気になりそうなので。
ハインツ、王、ルート、モニカ、レオン、エルも主役級とか主人公格ってポジションです。
群像劇的な大河ファンタジー的な、そんな大きなものに成長すると祈りつつ。

来週にでも投稿する予定なので、本編部分がバッサリブログから削除されております。
「どんな話?」って気になる方がいたらアレだというわけで、ざっくりあらすじを掲載します。


青い髪に赤い瞳を持つ少女は傭兵として戦場で生き続けてきた。
しかしひょんなことからソーラルで暮らすこととなる。
シオンと名付けられた少女は、何もかもが少しおかしなソーラルの人々と触れ合ううちに「優しい」や「楽しい」といった感情を覚えていく。
特に自分に名前を付けてくれた少年騎士のハインツに対しては特別な感情を抱いていた。

だが、そんな幸福な日々も唐突に終わる。
シオンは神にあらかじめ与えられた天命を無意識のうちに断ち切る存在であり、彼女がいることでソーラルの予定調和を崩す原因となっている。
神はソーラルに干ばつや豪雨などの天災で警告を促してきたが、シオンを大事な仲間として守ろうとする王は黙殺を続けた。
神に使われた天使は、最後通告を行う。
国民全員を守りシオンを切り捨てるか、シオンひとりのためだけに国民を切り捨てるか。

シオンは自分に優しくしてくれたソーラルに感謝し、ソーラルの人々を傷つけないためにも一人王国を出ようとするが、ハインツは止める。
シオンも国も全部守るから、と。
シオンは自分のためではなくソーラルのため、剣を握り天に抗う。

死闘の果てに天使を殺し、ソーラルは天に抗い続ける道を選ぶ。
たとえそれが茨の道だとしても。

シオンはソーラルを守るため、自分を大事にしてくれるハインツのため、騎士隣戦い続ける。


とまぁざっくりこんなもんかな?
以上の点を理解できれば短編のほうは読めると思います。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。