スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい少女小説とは何か

エントリーした会社の整理に飽きたので、ちょっと雑談でも……。

こないだ感想にアップした『NOTTE』、シリーズ全3冊読み終えました。
たった3作の短いシリーズで、とても読みやすかったです。
甘ったるいし、だからといってストーリーに甘さ(詰めの)もないし。
ラストの「僕のお嫁さんになってください」には、萌えた♥
私もこんなこと言われたいな~、なーんて。
性的描写もなく、清々しい雰囲気でした。

少女小説って、夢見る乙女が憧れる恋ができるってのが魅力の一つだと思うんです。
強くて、優しくて、カッコイイ男の人に一途に思われるって、なんだか素敵じゃん?
現実はマザコンばかりだもん(笑)

反面、甘ったるさのない少女小説も私は大好物です。

昔からちょっと気になってた『流血女神伝』であります。
亡国のお姫様が、猟師になったり、王子の影武者になったり、奴隷になったり、海賊になったり、お妃になったりの波乱万丈物語です。
こういう先の読めないお話も、私はワクワクしちゃう。
主人公のカリエが幸せになれるのか、そればっかりが気になるよ……。

『流血女神伝』読んでたら、『十二国記』思い出しました。
そういや新潮文庫に完全移籍して、新作もそっちで出すっぽいですね。
新作は、戴王のその後がわかるはず。
生きてるはずだけど、どっかで記憶失ってると予想する~。

『十二国記』も、シリアスの連続。
救いなんてない世界だし、人としては死んでる王が何百年もいい政治する必要あるとか、ある意味残酷。

『十二国記』は木の実から赤ちゃんができるという世界観や、世襲政治がないという理由から、恋愛要素ないですよね。
陽子と楽俊はあくまでもお友達。陽子と景麒もあくまでもお友達。
性的描写もないし、ある意味安心感あります。

でも『流血女神伝』はそうも言ってられなさそう。
結婚も、出産も恋とは全く別の動機。
好きでもない人に、処女捨てていいのか?! ってなるです。
少女小説界では、初めて好きになる人=旦那様=初めてを全部奪う人という公式がおよそ当たり前になっていて、私もそこを期待してるからこそ読んでいます。
……だってだって~、ビッチイヤだもん(笑)
およそ少女小説っぽくなく、ある意味リアル。
血なまぐさいし、リアリティあるけど、引き付けられるのはカリエを応援してるから。
少女小説っぽくない主人公だけど、悲劇のヒロインには変わりないですからぁっ!


甘ったるい物語と、シリアスリアリティの物語、相反する属性だけど私はどっちも好き。
二つが一つになったお話を、私は一度書いてみたいな~。なーんて。

……就活始まったし、しばらくはもう無理だけどね☆
よし、エントリーの整理の続きしようっと。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。