スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録⑩

もう10冊目になるけど、作者の文章力は格段に向上しているように思います。
オチも変わってきてるし。
挿絵もだんだん主線が太く、どこか少年漫画っぽくなってます。

東京の1/3を使った超大規模逃走中は、読んでて楽しかったです。
これまでの登場人物がフルに登場して群像劇にシフトしていってる様子も、よくわかります。

ただ……。
クライマックスは飛行場の滑走路なんですけど、フェンスを乗り越えて500メートル先にいるオリアナめがけて全速力でダッシュするんです。
そんでそのままバトル。
ありえねー。
500メートル先にいる人間の動きが、普通の人間にはわかるのかよっ!
視力ナンボや(笑)
そして、500メートル全速力でダッシュしてたら体力なくなって戦えませんから。
ここの設定は、100メートルから50メートルくらいに変えたほうがよかったかもね。
なんかリアリティなかった。

理系科目得意な人や魔術系統に造詣が深い人は、とある魔術シリーズの設定に矛盾や無理があると結構批判もあるようです。
私はあくまでもファンタジーなんだし、物理法則が現実とは違ってもいいじゃんってスタンスなので気にすることはありません。
だけど、500メートルはないわぁ。
とりあえず、距離感とか重量感とか誰でもわかるところは緻密にしたほうがいいと思います。

20キロのキバゴを肩に乗っけるアイリス、3メートルくらいの崖から落下して軽傷で済むサトシ少年みたいなのは、なしということで……(笑)
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。