スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ども集まれ! (漫画)

最近小説ばっかり読んでたので、気分転換に手塚治虫を読んでいることがツイッター上で男友達にばれ、「古い」と言われるのかと思いきや、向こうは手塚治虫をリスペクトする人やったそうです(笑)
おかげさまで話が合います。

今回は1967~68年に大人向け漫画雑誌に発表された作品。
大人向けなわけで、『ロストワールド』や『メトロポリス』みたいなかわいらしいタッチではありません。
絵柄だけだったら、別人のよう。
だけど内容のブラックさは手塚御大そのものです。

ヘタレ主人公の天下太平があるとき特殊な精子(女性でも男性でもない性を持たない子を作ることができる)を持っており、それを用いて無性人間を量産することとなりました。
彼は博士の犬となり、毎日のように精子を絞り出すのですが、一つでも多くの精子を確保するために女性との性行為を楽しむことができません。
やがて誕生する子供たちは、女性でも男性でもないために種が残せないが、親の命令なら何でも聞き、外見もみんな同じというクローンっぽい子でした。
それが、何万人も量産されて国家に兵士として輸出されちゃうんです。
終いには、無性人間対無性人間の戦争ショーが開催されてしまったり。

結末はかなり残酷で、無性人間が反乱を起こし地球上の人間の生殖器を全部奪い捨ててみーんな無性人間になるというものでした。

いやぁ、マッドだね(笑)
両性具有というか、生まれつき性器のない人間は実在しますし、クローンの強い兵隊同士で戦争させようという動きがアメリカのペンタゴンで研究されてたりします。
さらには、戦争ショーも『スカイ・クロラ』という小説でテーマになってます。
本当、これからの物語世界、科学技術を先読みしていますねー。

友人からは『どろろ』と『ブラックジャック』推されています。
たぶんどっちも読むと思うです。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。