スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

内容知らない人がいないはずの、名作児童文学。
前作から2年空いてしまいました……(笑)

全科目履修しようとして精神的に追い詰められる少女ハーマイオニーに、私はかなり共感しました。
受けなきゃいけないテストの数も他の人より多いし、そのせいで友達と一緒に遊ぶ時間も無くなるし。
まさに教職と学芸員と社会教育主事の科目を取っている今のあたしそのものって感じでした。
そして「来年からは2科目分やめるわ」と宣言するハーマイオニー、早い時期に気づいたあんたは偉いよ。
私は「最後まで頑張る」と我を通した結果、最終学期もゼミ以外の科目を3つ履修するハメになりました。
週4だよ……(笑)
でももう卒業単位は確定しているので、各科目の先生に色仕掛けで単位認定の便宜を図って不登校になる予定。
その間私はバイトをしてできるだけお金を稼ぎます。


とまあ、私の近況報告は置いといて。
スネイプ先生がハリーの父親にいじめられてたらしいことがこの話で発覚です。
この過去は次回につながる伏線になるようです。
スネイプ先生はホグワーツ時代、スクールカーストで言うところの3軍(Cともいう)の陰気でブスでヲタクなヤツだったためにスクールカーストで言うところの1軍(AっていうよりSかしら?)のイケメン優等生スポーツ万能スーパーヒーローなハリー父に目を付けられていじめられてたみたいです。
ただでさえヒーロー気質っぽいグリフィンドールの生徒に、日陰者っぽいスリザリンの生徒がいじめられても誰も助けてくれないのは、スクールカーストの構造を理解していればなんとなーくわかります。
だって、クラスにとっては1軍>>>>>>越えられない壁>教師だもんね。

なんか話の主軸のシリウスおじさまそっちのけで、ハーマイオニーの苦悩とかスクールカーストの話になっちゃったけど、まあアズカバンの囚人はそういうとこを中心に読めば100倍楽しめるよ♪ な感想でした!

早いうちに『ゴブレット』も読みます(笑)
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

板東ひかり

Author:板東ひかり
平成生まれの、作家志望女子のブログです!
このブログは私の自作ドレス・ブックレビュー・ポケモン話の3本柱でやってま~す。
現在大絶賛就活中。
不景気は厳しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
ブロとも一覧
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。